テーマ:JR東海

2017 マラソン旅17 【東海道本線・鷲津駅】

静岡県湖西市、愛知県と接する地方都市です。 今回のマラソン旅で、初めて訪れました。 なぜ、ここに宿を取ったかという理由は、SONICは今回の旅、当初はツーリングで計画していたからなんです。 計画のスケジュールは ①夕刻フェリーで門司発船中泊 ②マラソン前日、泉大津→名古屋→伊那谷→伊那市 ③マラソン当日 ④マラソン翌日、伊…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017 マラソン旅16 【飯田線・特急伊那路に乗る2】天竜峡→豊橋2

飯田線乗車記、秘境駅のクライマックスに入ってきました! 「でも、特急で駅を通過するなんて卑怯(ひきょう)じゃない!?」な~んて、おやじギャグを真に受けてはいけません!(笑)。 ◇中井侍駅 「なかいさむらいえき」そのままの読みです。 秘境駅の一つとされていますが、車やバイクでのアクセスも容易なため、今一つの感があります。 駅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017 マラソン旅14 【飯田線に乗る3】天竜峡駅辺り

このシリーズ、前回は天竜駅到着のところまで行ってました。 伊那地方の最南端に位置するこの駅、飯田線の拠点駅でもあり普通列車もこの駅止まりが多いでです。 本来乗車予定だった豊橋行き・普通電車を見送ります。 上りは多いけど、下り列車は少ないです。 天竜峡駅以南は、秘境駅の宝庫 駅前は個人経営の食堂や土産店、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017 マラソン旅13 【飯田線に乗る2】飯田→天竜峡

10月最後の土日は、イベントで休みなしでした。 当然イベントに向けての諸準備で通常の業務が滞っているのは仕方のないことなんですが、当然進めなければなりません。 今週は金曜日が祝日ということと働き方改革も言われ、残業もしにくいご時世で昼間に相当の集中力を持って仕事に邁進しなければなりません! 昼も頑張りますが、帰宅後はブログの更新に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017 マラソン旅12 【飯田線に乗る1】駒ヶ根→飯田

この旅行の1日目に既に乗車した区間です。 幼少の頃から、飯田線に乗ってみたいとず~っと思ってました。 その頃は、古い国電(横須賀色)や電車の郵便車、貨物列車も走っていました。 元々、4社あった私鉄を昭和18年に統合して、国鉄飯田線になりました。 大都市圏並みの駅間距離の短さ(平均2.1キロ)とカーブと勾配が多いのが特徴の路線です…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2017 マラソン旅9 【千畳敷カールに行く1】 伊那市→駒ヶ岳ロープウェイ

マラソン翌日も目覚めが良いです。 昨日はハーフマラソン参加のため、朝食は乾きモノだったので、今日はホテル朝食をしっかりいただいました。 写真はホテル部屋からの伊那市駅方向を撮ったものです。 「あるしん」はアルプス信用金庫の略称らしいです。 昨日とおなじ7時42分発の上り天竜峡行に乗ります。 電車の中は通学の高校生ばかり …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017 マラソン旅 8【駒ヶ根マラソン当日3】 伊那市散歩

ソースカツ丼でお腹いっぱいになったあとは、シャワーで汗だくの身体をきれいにして、ベッドに横たわりしばし微睡(まどろみ)ました。 目覚めるとお腹が少し重く、(ハーフマラソン走ったのに)運動不足を感じたので外に出ました。 フルマラソンを走ったあとは、ただひたすら寝るだけなのですが、ハーフランのあとは、普通の生活に戻れます。 ホテル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017 マラソン旅7 【駒ヶ根マラソン当日2】 伊那市に帰る

ハーフマラソンを病み上がりでなんとか完走しました。 信州の9月下旬なので、勝手な想像で涼しいと思いきや、最高気温27℃を超えてました。 そりゃ暑いわ! とりあえず着替えます。 イベント会場の更衣室で着替えます。 無料配布のすいとんをいただきました。 野菜だくさんで、体にやさしい。 サッパリとして、おいしかったですよ~ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2017 マラソン旅6 【駒ヶ根マラソン当日】 朝の伊那駅

7時42発の天竜峡行普通電車に乗車します。 マラソンスタートは9時ジャストですが、駒ヶ根駅には8時08分着でマラソン会場までは徒歩10分なので余裕で間に合います。 ホテル窓からの風景。 すぐ前に天竜川、稜線は中央アルプスです。 昨日の夜まで、微熱がありましたが、目覚めは6時前で爽やかです。 今日はなんとか走れそうです! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017 マラソン旅 【長野に飛ぶ5】 飯田線に乗る 飯田→伊那市

いよいよ、人生初の飯田線に乗車します。 いや~、小学生の頃からの夢が実現しました。 若いときは、時間はあってもお金がない。 年齢を重ねてくると、お金はあっても時間がないと、日本人は可哀想です(笑)。 でも、SONICが憧れていたのは、旧国電の飯田線でしたが、今は電車は最新型。 列車が到着しました。 313系直流近郊型電車…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2017 マラソン旅 【長野に飛ぶ4】 JR東海・飯田駅

大都会、名古屋から高速バスに2時間半ほどで飯田駅に到着しました。 飯田線は、全開通から80周年を迎えたそうです。 真っ赤なアーチ型印象的な飯田駅。 まるでJR九州~ こじんまりとした、改札口。 キレイな駅です。 キップの券売機の横には、飯田線の案内がありました。 飯田線自体が観光になってるようです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2017 マラソン旅 【長野に飛ぶ3】名鉄バスセンター → 飯田駅へ

名鉄名古屋駅から名鉄バスセンターへは徒歩での移動です。 昨年もここには来ているのですが、バスの出発時刻までは1時間半ほどあるので、駅前をブラブラしたいのですが、荷物が重いし体調がまだ復活していないので、ターミナルビル内のメンズ館でおとなしくしておきます。 バスセンターは名鉄百貨店メンズ館の3階です。 ここは地上から入口です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第5回 信州駒ヶ根マラソン を走る

今シーズン、最初のレースは去年に引きつづき長野県に行ってきました! 今回は、夏休み(お盆休み)を取ってなかったので、ちょっと長めに休みを頂きました。 昨年は9月上旬に諏訪湖の南東部方向の茅野市の「縄文の里マラソン」に行きました。 今回は、諏訪湖よりもかなり南下した、伊那谷の駒ヶ根市が目的地です。 しかし、今回思わぬアクシデン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2016初秋 名古屋の思い出

思えば、昨年の旅行といえば、マラソンに絡むものばかりでした。 定年退職した先輩方が、言ってました。 「歳をとって病気してしまったら、旅行にも行けん!若いうちに仕事休んで行っておけば良かった」と… 日本人って、勤勉だから休まないんです。 でも、よくよく考えれば、自分ひとりいなくても、仕事は回ってるんです。 今年は、みんなに嫌われ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン9 ワイドビューしなの→東海道新幹線→山陽新幹線

富士山マラソン旅を紹介したいところですが、長野旅がまだ終わってないので、こちらを手早く終わらせたいと思います。 日本三大車窓のひとつ篠ノ井線姨捨駅付近からの眺望です。 善光寺平と呼ばれる千曲川に沿った長野盆地を見渡すことができます。 確かに、雄大な景色ですが、九州の肥薩線矢岳駅付近の霧島の景色が断然良いです。 こちらの姨…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン8 (ワイドビュー)しなの 383系

仕事の方は、相変わらず忙しいんですが、とりあえず一区切りです。 久しぶりの長野シリーズです。 長野から名古屋までは、特急(ワイドビュー)しなのに乗車します。 発車まで30分以上あるですが、ホームに入線しているようで、これ以上歩き回っても汗をかくので電車に乗ります。 (長野の夏は盆地なので結構暑い) 平成8年から使用されてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more