テーマ:JR東日本

CP+ 2018 旅編14 神奈川宿辺り

CP+の旅も終盤となりました。 この日3月4日(日)は3月初めにしては、最高気温が20℃まで上がり暖かいとより、暑くて汗をかなりかきました。 朝から結構な距離を歩いていましたが、飛行機の時間までちょっとあったので、横浜駅から少し東京方面寄りの京急神奈川駅に行ってきました。 京急神奈川駅は、神奈川宿がすぐ近くにあります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CP+ 2018 旅編12 小湊鉄道往路

CP+の鉄旅の連載はまだ終わっていませんでした。 3月撮影のものを梅雨入りしようとしてる時季まで、引き延ばしてすみません。 今、しばらくお付き合いください♡ 前回は小湊鉄道の養老渓谷駅を紹介したところで区切りがついていました。 今回は、小湊鉄道養老渓谷駅を折り返し五井駅まで戻ります。 飯給(いたぶ)駅 普…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

JR東日本 伊豆観光特急E261系 2020年デビュー

「写真がタイトルと違うじゃないか!」「仏壇列車、或る列車じゃね~」 と、お怒りの方、ごもっともです。 掲載記事からの画像の無断転載は、著作権侵害となります。 おそらく無断で複写、貼り付けされているブログもあるようですが、SONICブログは大人のブログです(笑)。 ということで、JR東日本から発表があった新型車両・E261系情…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏のランニング

写真は昨年9月に参加した「八ヶ岳縄文の里マラソン(ハーフ)」での一コマです。 ここの標高は1000メートルを超えており、空気が薄いんじゃないかと思っていましたが、そんなことはなくただ暑かったのが印象に残っています。 高原といっても、9月の昼間だと結構気温が上がり、この日は27℃くらいまで上昇しました。 そんな訳で、今年の長野で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Marathon prologue

6月は始まったばかりなんですが、実はマラソンシーズンもすでに始まっているんです。 11月のほとんどのフルマラソンはすでに、受付は終了していて、9月から10月のハーフマラソンは今がエントリーの真っ最中~ マラソン旅を趣味としている人は、ランネットとカレンダーと自分のスケジュールとにらめっこ状態の時季なんです。 先着順の人気のあるレー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乗り鉄 2017玉名いちごマラソン編 と 水戸岡デザイン

近場のマラソンレースだと、クルマで行くか、鉄道を利用するか迷うところです。 マラソンを始めたころは、家族が一緒に(応援に)来てくれてましたが、5回目を超えたあたりから、趣味には付き合えないみたいな感じで、1人で行くことがほとんどになりました。 まあ、1人は気をつかわず気楽で良いです(笑)。 クルマなら着替えやおみやげなど気にせ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

富士山旅マラソン again 乗り鉄[3日目]

マラソンを終えて、翌日は乗り鉄を楽しむつもりでしたが、前日の疲れか? 電車に乗ると、寝てしまい、車窓を楽しむことはできませんでした。 よって、撮影枚数も少なくなりました。 八王子の朝~ホテルの窓から 東京駅 東京駅10番ホーム 大船駅 明治神宮 羽田空港 旅マラソン3日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山旅マラソン again 富士山マラソン当日[2日目]

地元山梨で宿を見つけられなかったので、ホテルは八王子に泊まりました。 朝は早起きして、富士山マラソン号に乗ります。 全車指定席です。 ん…、「富士山マラソン号に乗りたくて都内に宿取ったのでは?」という意見も!? 全くその通りです!(笑) 183系の国鉄色です。 河口湖駅 元山手線で使われていた車両です。 これは水…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

富士山旅マラソン again 福岡→東京・鎌倉へ[1日目]

今日土曜も仕事でした。 写真撮影の時間がないので、アリポジデータの焼き直しです。 福岡空港 淡路島と明石海峡大橋 静岡市清水区 三保半島 羽田空港 京急・金沢文庫駅 JR鎌倉駅 江ノ電併用軌道区間 江ノ島駅近くのパン屋 江ノ電腰越駅近く 江ノ電10形 □ 撮影日 201…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 晩夏の松本駅

年が明けてから、とても忙しくて、撮影に出るどころか、初詣もできていません。 昨年の写真データのアップで、ご辛抱願います。 9月に行った、茅野市のマラソン参加の旅程の記録です。 晩夏といっても、9月10日なので、残暑が厳しい季節です。 でも、九州の暑さに比べれば、信州の夏は楽勝(?!)です。 増築感満載のJR松本駅。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 富士山旅マラソン16 原宿駅辺り

本日、1月4日が仕事始めだった方はどれくらいいるのかな~。 朝の通勤は、道路がガラガラで、いつもより10分くらい早く、職場に着きました。 まあ、販売業の方は元旦から仕事してて、休む暇もないでしょうから、お疲れ様です。 明治神宮の最寄り駅はJR原宿駅が一般的ですが、実は小田急線の参宮橋駅が一番近かったりします。 参宮橋だと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 富士山旅マラソン14 東京駅

SONICの平成28年・2016年の仕事納めは30日でした。 今年の年末年始の天気は穏やかなようなので、大みそかは部屋の大掃除ですね~。 でも、片づけしていると、思い出の品が出てきて、思うように進まないのが定石…(笑)。 富士山マラソンネタ、まだ続いてます((;^_^A)。 河口湖でのマラソンレースを終えて、その日の夜は、駅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 富士山旅マラソン12 JR東日本・富士山マラソン号に乗って 富士山マラソンに行く  

富士山マラソンに行くのに東京都の八王子市に宿(ホテル)をとった理由は、単純に河口湖付近や甲府市内付近で取れなかったからです。 福岡から山梨県は、9月に行った長野同様、旅をするには割引切符などの設定ほぼがなく、まともに行くと交通費だけでも結構金額が張り、ハードルが高いです。 なので、東京都内や横浜などは航空券とセットで宿をとると、かな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 富士山旅マラソン7 SONICの江ノ電物語Ⅱ

やっと週末がきたという感じです。 ブログ更新しようとパソコンに向かったんですが、仕事の疲れか、ブログの文章が「+ + + + …」、プラスキーを連打状態に、寝てました(笑)。 金曜の夜って、ホントに緊張感がなくなるのか、睡魔が半端ないです。 前回は、江ノ電鎌倉駅の混雑状況をお伝えしたので、今回はやっと電車に乗れたことをお伝えし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 富士山旅マラソン5 いざ鎌倉へ

京急新逗子からJR逗子駅に徒歩移動。 鎌倉へ向かいます。 逗子駅、結構年季が入ってます。 ひと駅で鎌倉です。 E217系電車。 グリーン車は2階建て2両連結です。  鎌倉駅は横須賀線の1面2線の駅。 こじんまりとした駅ですが、観光客でごった返しています。 SONICは鎌倉に大仏を見に来たの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン9 ワイドビューしなの→東海道新幹線→山陽新幹線

富士山マラソン旅を紹介したいところですが、長野旅がまだ終わってないので、こちらを手早く終わらせたいと思います。 日本三大車窓のひとつ篠ノ井線姨捨駅付近からの眺望です。 善光寺平と呼ばれる千曲川に沿った長野盆地を見渡すことができます。 確かに、雄大な景色ですが、九州の肥薩線矢岳駅付近の霧島の景色が断然良いです。 こちらの姨…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン8 (ワイドビュー)しなの 383系

仕事の方は、相変わらず忙しいんですが、とりあえず一区切りです。 久しぶりの長野シリーズです。 長野から名古屋までは、特急(ワイドビュー)しなのに乗車します。 発車まで30分以上あるですが、ホームに入線しているようで、これ以上歩き回っても汗をかくので電車に乗ります。 (長野の夏は盆地なので結構暑い) 平成8年から使用されてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン7 長野駅善行寺口

前回は、東口を紹介したので、今回は反対側というか正面に当たる、善行寺口を紹介しますね。 こちら側が在来線口で、市街地になります。 九州のJRの駅前は、市街地から離れたところが多く、あまり栄えていないところが見受けられます(熊本駅、長崎駅、久留米駅など)。 明治時代、鉄道を敷設するにあたって、九州の人たちは「よそ者が列車で来て、治安…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン6 長野駅東口

長野駅に到着して、次の乗り換え電車まで1時間15分ほどあるので、駅の中をブラブラします。 観光をしたいのは山々なんですが、荷物は多いし、長野で立ち寄る最後の駅なのでお土産も買わなくてはいけないので、外に出ることはできません。 こちらは、東口で新幹線側です。 こちらは繁華街というより、住宅地が広がってる感じです。 新幹線が来て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン5  E7系に乗った

佐久平駅に到着した北陸新幹線「E7系」に乗ります。 12:27分発「あさま607号」です。 九州在住のわたくしが北陸新幹線に乗車するのは、もちろん、初めてです。 小海線の小諸からしなの鉄道(元信越本線)に乗っても良かったんですが、今回は時間の都合で北陸新幹線をチョイスしました。 長野までの2駅のみの乗車なので、普通車の自由席…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン4 佐久平駅

SONIC駅から再び、小海線の普通列車に乗りました。 佐久平駅で北陸新幹線に乗り換えるため、途中下車。 蓼科口、なんて長野らしいネーミングなんでしょう! 奥に見える高架橋は、小海線です。 佐久平駅の新幹線は地平駅で低いところを走っています。 ローカル線の小海線が高架駅です。 在来線のホームから新幹線駅への連絡通路。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン3 SONIC、「SONIC駅に行く」

今回、長野にマラソンに来た理由は、走りに来た!と、言いたいところですが、小海線にある「SONIC駅」に来るためだったんです。 小学生の頃、もちろんネットなんかない時代に、自分と同じ名前の駅があるなんて!と、感動し、いつか行きたいと思っていました。 子育てもひと段落ついたところで、数十年越しの夢がやっと叶いました。 もちろん、画…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン2 「小海線に乗る」

小淵沢(こぶちさわ)からキハ110形に乗り換え、佐久平まで小海線に乗車します。 2面3線の駅が多い諏訪地区ですが、ここ小淵沢駅は山梨県。 堂々たる2面2線の比較的規模が大きい駅です。 7時49分発です。 小淵沢を出発すると、すぐに名撮影場所の八ヶ岳を望む大カーブですが、天気は曇りで山が全く見えません↓。 清里駅です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016 長野旅マラソン1 「上諏訪から小淵沢」

旅マラソンの3日目(9月12日)、最終日は自宅まで鉄旅です。 しかし、鉄男のSONICは真っすぐには帰るはずがありません!(笑) 帰りの乗車券と特急券・指定券です。 個人特定を避けるため、着駅は伏せています。 今朝は6時前に起きて、♨温泉に入り、朝食はしっかりと摂りました。 上諏訪発7時17分立川行き普…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

諏訪地方・日本のへそを鉄歩き[茅野駅と上諏訪駅の足湯]

マラソン会場から茅野駅までシャトルバスで戻ります。 ハーフマラソンはフルに比較すると、終わったあとも皆さん余力があるためか、おしゃべりに終始し車内は賑やかです。 フルマラソンだと、みんな居眠りして死んでます(笑)。 茅野駅に到着しました。 こちらは、東口。 長野の方はマナーが良いのか、駐車車両は少ないというか、ほぼない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

諏訪地方・日本のへそをマラソン旅

今日から10月が始まりました。 時の経つのは早いです。 2016年初秋のマラソンシーズンがはじまり、今回SONICの「マラソン旅」は、今回長野県にお邪魔しました。 日付は、9月11日。平地でのマラソンレースであれば、この時季では暑くてとてもできません。 今回参加した縄文の里マラソンが行われた茅野市の尖石(とがりいし)遺跡付近…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

諏訪地方・日本のへそを散歩

一般的に、日本のへそと言われているのは、群馬県渋川市、栃木県佐野市、山梨県韮崎市、長野県辰野町、岐阜県関市、兵庫県西脇町の6カ所です。 「日本のへそ」論議に熱心なのは群馬県渋川市と兵庫県西脇町だそうですが、ソニック的には、諏訪湖こそがへそだと力説したいです。 諏訪湖は丸い形で、まさにへそ。 近くの辰野町も名乗りを上げていることから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長野に飛ぶ!Ⅴ 松本駅から諏訪市へ

松本駅の自由通路の西口の壁は全面ガラスです。 松本バスターミナルから松本駅を見たところ。近いです。 バスターミナル。 7階建てのビルです。 駅正面(東口)です。 自由通路、西口から東口方面を見る。 改札口です。 普通電車が少ない、地方都市らしいダイヤです。 松本から今回の宿泊地諏訪市には、JRで移…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more