CP+ 2018 に行きました6 プレゼンテーション編

各社、プロカメラマンの先生方を招き、商品のプレゼンを行っていました。

タムロン社
阿部秀之カメラマン
画像

話が上手いです。
阿部先生は、あっという間に人だかりができました。
「買いたい!」と思わせるような、話の進行に引き込まれます。
画像


中村陽子カメラマン
画像

動物の撮り方について、分かりやすく教えてもらいました。


広田 泉カメラマン
画像

商品のアピール度は今一つかな…
どちらかというと、撮影地や撮り方についての話に重きを置いてました。
泉さんのことは、好きですよ~。以前サインいただいたこともありますし…
画像


パナソニック
広田尚敬カメラマン
画像

鉄道写真界を代表する人ですね。
鉄道カメラマンという分野を開拓したした方でもあります。
現在は、動画の撮影に活躍の場を移されています。
私が小学生の頃から知ってるカメラマンです。
前記の広田泉さんは息子です。
画像

首都圏は電車の本数が多いといっても、なかなか列車が同時に来ることがない。
何時間も待つこともしばしばあるそうです。
鉄道撮影は忍耐です。
ルミGH5の4K画質のすばらしさが実感できました。
画像


Nikon
中井精也カメラマン
とにかく明るい方です!
画像

SONYの中井精也さん
画像

ソニーはディスプレーがとにかく大きいです。
さすが家電メーカーですね。
パナソニックのディスプレイはものすごくリアル。
さすが4K画質だなと、うならせます。


カメラマンの生の姿に触れられるのはすごく刺激になりますね~
思わず買いたくなる気持ちにさせるのは、さすがだなと思います。

学生の頃、「日本カメラショー」「写真映像用品ショー」というイベントが福岡にも来てたんですが、デパートの催し会場で開催していたので、かなり狭隘な印象でした。
東京の会場に行ったことはないけど、かなりの混雑だったそうです。
90年代には福岡での開催はなくなり、しばらくはこのようなイベントには全く行ってませんでした。

その後、東京のみでの開催となった「フォトイメージングエキスポ」となり、参加する業界団体の離脱などで、形を変えて現在の「CP+ Camera & Photo Imaging Show」とプロ向け機材中心の「PHOTO NEXT」の開催となっているようです。
育児が一段落したSONICは、以前から行きたかったのですが、今年やっと実現しました。
これは、昨年ニコンが100周年事業でやった「ニコンファンミーティングとキャラバン」の開催で、これに参加したことが影響力が大きかったです。
来年もなんとか理由をつけて来たいと思いました。

□ Nikon D7200
 〇 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED


"CP+ 2018 に行きました6 プレゼンテーション編" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント