2017 宮崎マラソン旅9 【フェニックス号で福岡に帰る】

宮崎のバスターミナル「宮交シティ」からフェニックス号に乗ります。
宮交シティは九州各地から来る高速バスの他、郊外バスも乗り入れています。
売店がのりばのすぐ前にあって、超便利!
ここでおみやげ買いました~

13:43発各停のフェニックス号(フォトは左下の九州産交バス)
各停といっても、スーパーフェニックスに比較してえびのIC、八代IC、八女IC、久留米ICにプラス4カ所止まるだけ。
画像

市内は南国らしい風景
画像

霧島連山
対向車の高速バスはJR九州の「B&Sつばめ」
画像

えびのパーキングエリアで1回目の休憩

右下フォトは人吉インター
画像

左下フォトの山々は加久藤峠で熊本・宮崎県境の山々です。
高速道路が開通する前は当然、下道の国道で峠越えしてたんですが、昔の道路ってトンネルを掘らないようにするためにできる限り山の上まで登りますよね~。
国道の加久藤峠は、ループ橋でグルグル回って、ここカルデラ地形の外輪山の上まで登るからすごく景色が良いんです。
熊本と宮崎側両方にループ橋があるんだけど、
 「宮崎の方の山越えはめちゃ景色がいいよね~」
と、職場で話をしてたら、みんなシラーとしている。

そのとき、SONICより若い子たちばかりだったから、高速でしか山越えしたことがない。
もはや、高速道路は長大トンネルなので、山越えした感が全くない。
国道で峠越えなんて、もう昭和時代の化石扱いなんですね~。
(高速道路の加久藤トンネルは平成7年の開通なんですが…)
次回は、高速バスでなくマイカーで山越えをしたくなりました。


運転してないので、バンバン写真が撮れます

トンネルは肥後トンネル(九州道最長)
SONYのデジカメは暗いところの描写がとても良いです。
フィルム一眼レフ歴が長い人ほど、EVF(電子ビューファインダー)は違和感があると思う。
EVFは明る過ぎて、ちょっと気持ち悪い~
ビデオの画像って感じです。
画像

人吉~八代インター間はカーブとトンネルの連続
運転手は気が抜けない区間
画像

熊本インター付近
夕刻になってきました
画像

北熊本SA
帰りも産交バスを選んだのは、快適だから!
帰りのバスは韓国のヒュンダイ自動車製。
ちょっと、心配だったけど、きちんと走ってました(まあ、当然ですね)
画像

日本で唯一のクローバーリーフ型JCTの鳥栖ジャンクション
日がとっぷりと暮れました
ここは、いつも車が多い
画像

基山パーキングバス停に到着
画像

画像

ここから自宅までは自家用車で帰ります。
高速バス利用者専用の駐車場は荷物が多くてもとても便利でした!
充実の宮崎旅マラソンでした。

福岡と宮崎の交通機関はコスパを考えると高速バスが最良の選択かと思います。
JRは日豊線経由だと恐ろしく時間がかかるし、九州新幹線+高速バスの「B&Sつばめ」は価格が高め、自家用車は休憩含め5時間越えなのでちょっとしんどいです。
でも、来年は高速バスを使うかは分からないです。

今回で、宮崎マラソン旅を終了します。
次回からは指宿マラソン旅の連載をはじめますね。

[撮影日 2017.12.11 宮交シティ~基山パーキングエリア]
□ SONY Cyber-shot DSC-RX10

"2017 宮崎マラソン旅9 【フェニックス号で福岡に帰る】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント