大牟田駅

大牟田市の現在の人口は約12万人。
かつては、となりの熊本県荒尾市とともに炭鉱の町として栄え、昭和30年代には20万人の人口がありました。

電車が到着後、乗客が改札に向かうと、ホームはガランとしていました。
画像
画像
画像

跨線橋の向こうは西鉄の大牟田駅です。
西鉄と鹿児島本線は福岡市内から大牟田までほぼ並行して走っていて、南区と久留米市で2度の交差がありますが接続駅の設置はなく、唯一、南の終点・大牟田駅のみが接続駅となっています。

西鉄も久留米以南はローカル線の雰囲気で、昼間は普通電車も2両のワンマンカーが中心です。

西鉄の現状→http://tohazugatali.iza-yoi.net/TOSHI-TETSU/nishitetsu.html
画像

停車中の電車の右側は全てJR九州の線路です。
電車右奥のところから、甲種輸送されてきた西鉄の新車の電車が乗せ換えされる場所です。

上りの早朝の特急は長洲始発の「有明」です。
下りの夜の特急も長洲行きの「有明」です。
昼間の有明がつばめがなくなったので、さみしいダイヤとなりました。
画像

画像

八代行きの快速に乗り換えて、さらに南下します。
画像

□ SONY NEX-6
 ○ E 16-50mm F3.5-5.6/PZ OSS

"大牟田駅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント