愛宕神社に行く

今日は人間ドックに行って、お医者さんから「SONICさ~ん、糖尿病ですよ」と言われ、落ち込んでいるSONICです。 まあ、親兄弟、親戚のおじさんたちは皆糖尿病なので、これも時間の問題かと思ってました。 気にしてもどうしようもないので、ドック終了後愛宕神社に行きました。 階段が傾いてます。 13年前の福岡西方沖地震で傾いた? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CP+ 2018 旅編13 横浜情景

CP+の旅、3日目もCP+に行きました。 会場にいたのは1日目より短く3時間くらいでした(笑)。 CP+の紹介は散々やったので、浜の町横浜を散歩した様子をアップします。 宿をとっていた鶴見から横浜駅まで来て、パシフィコ横浜まで歩きました。 横浜駅 そごう側の東口です。 みなとみらいを目指して歩きます。 パシフィ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CP+ 2018 旅編12 小湊鉄道往路

CP+の鉄旅の連載はまだ終わっていませんでした。 3月撮影のものを梅雨入りしようとしてる時季まで、引き延ばしてすみません。 今、しばらくお付き合いください♡ 前回は小湊鉄道の養老渓谷駅を紹介したところで区切りがついていました。 今回は、小湊鉄道養老渓谷駅を折り返し五井駅まで戻ります。 飯給(いたぶ)駅 普…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寒い5月のツーリング⑥ 竹田・阿蘇ツーリング総括

久住高原(竹田市・阿蘇方面を望む) 久住高原(上の写真の同地点から) 沈堕の滝(豊後大野市) ゆうステーション(小国町) うぶやま牧場(産山村) うぶやま牧場・ミルクロード(上の写真の同地点・背景は根子岳) 北阿蘇谷・北カルデラ(阿蘇市) 北阿蘇谷・北カルデラ(上の写真の同地点) 竹田市か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い5月のツーリング⑤ 結局行った「原尻の滝」

沈堕の滝を跡にして、国道502号を再び竹田市方向に戻ります。 沈堕の滝に行くとき、途中通過した「原尻の滝」に寄ることにしました。 竹田に来たなら、やっぱり鉄板のこの場所に寄らない理由は見つかりません! この写真もスローシャッターで頑張りました。 1/8秒です。レンズが手振れ補正がついてるのでホントこの時代はいいです(年齢バレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い5月のツーリング④ 沈堕の滝(ちんだのたき)

災難の扇森稲荷をあとにして、国道502号を東方へ30分移動して豊後大野市にやってきました。 途中、観光地として有名な原尻の滝がありましたが、ここを通過してそこまで有名でない「沈堕の滝」を撮りました。 シャッター速度は1/10秒です。 ちょっとピントが甘いかも… 明治時代、ここに発電所が作られ、大分~別府を運行していた大分交通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い5月のツーリング③ 扇森稲荷神社

「インスタ映え間違いなし」とのうわさで立ち寄った神社 大した事ないじゃないかと!!と頭で思った瞬間、登りの階段でコケて膝を強打してしまいました。 う~ん、罰が当たったのか!? 訳が分からず足がもつれ、前に倒れようとしたところで手に持っていた一眼レフをかばったので、右膝を階段に打ちつけてしまった次第です。 10年以上転んでなかった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い5月のツーリング② 黄牛の滝(あめうしのたき)

熊本県の最北部小国町のゆうステーションから1時間で大分県竹田市までやってきました。 最初の目的地は竹田市市街地の西部にある「黄牛の滝」。 変わった名前の滝ですが、その由来は… 『黄牛とは飴色をした肥後牛のこと。その昔、滝には龍が住んでおり、村人や家畜に危害を与えていた。ある夜、僧侶は子牛の首を生贄として龍の禍を鎮めた』 とのこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 有田陶器市に行く 5 乗り鉄編③ 最終回

昨日19(土)に大分・竹田ツーリングに行きブログアップしたいところですが、CP+の連載も途中のままで、有田陶器市も連載中だったので、一つずつ片付けていかないと… まずは、有田陶器市から… 有田駅から鳥栖行の普通列車に乗り、一駅で列車の離合待ち。 佐世保線は単線。連休の増発で、駅での停車時間が長いです。 来るとき降りた上有…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い5月のツーリング 道の駅小国ゆうステーション

久しぶりにツーリングに行きました。 行先は大分県の竹田市ですが、自宅から85キロ地点の熊本県小国町の「ゆうステーション」で休憩をします。 ゆうステーションは元国鉄宮原線の終点小国駅の跡地に建設された地元の物産館でした。 昭和59年に路線が廃止され、翌年の昭和60年にはもう完成しています。 平成5年に道の駅となりました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 有田陶器市に行く 4 乗り鉄編② 有田駅

SONICの有田陶器市のコースは、上有田駅で下車して、撮影と買い物をしながらメインストリートを歩き、有田駅に到着するコースです。 有田駅の駅名板は磁器製です。 国鉄時代の雰囲気を残す、2面3線の配線。 早岐・佐世保方向を望む。 早岐まで8キロほど。トンネルはありませんが谷あいに沿った線路で山越えが必要です。 3番ホーム…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年目標撃沈 NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VRⅡ買う

元旦(がんたん)立てた今年の目標、「今年はカメラ・レンズは買わない」「リバウンドしない」の2つの目標は半年を待たずして、もろくも敗れ去りました(笑)。 今回購入したのは、ニコンの交換レンズI(写真左) 「AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II」です。 いままで使っていたレンズは …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JR東日本 伊豆観光特急E261系 2020年デビュー

「写真がタイトルと違うじゃないか!」「仏壇列車、或る列車じゃね~」 と、お怒りの方、ごもっともです。 掲載記事からの画像の無断転載は、著作権侵害となります。 おそらく無断で複写、貼り付けされているブログもあるようですが、SONICブログは大人のブログです(笑)。 ということで、JR東日本から発表があった新型車両・E261系情…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 有田陶器市に行く 3 乗り鉄編①

普通電車に乗ります。 これは811系8両編成 二日市で乗り換えした臨時快速「有田陶器市号」は811系4両編成 鳥栖までは5分毎の旅客列車の間に貨物列車が入る、過密ダイヤのためノロノロ運転。 長崎本線に入ると、本数が少ないので120キロ運転の快速らしい運転になります。 佐世保線に入るとカーブも多く、単線のため交換やら特急追い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018秋 マラソンシーズンプロローグ

タイトル見て「そだね~」と、分かる方はマラソン馬鹿です(笑)。 そう、10月・11月に実施されるマラソンレースの申し込みは既に宴もたけなわなんです。 下のフォトは2015年に参加した、神戸マラソンです。 今のところ、神戸マラソンと金沢マラソンにエントリーをしましたが、両大会とも抽選となっています。 下のフォトは金沢駅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 有田陶器市に行く 2

お値打ち価格でいかがでしょうか!? メインの通りから枝分かれしている道。深川通りと名付けても良さそうな通り。 富士流水がモチーフのマークは子供の頃からなんとなく見ていた記憶があります。 幼少の頃は富士山には見えなくて、プリンにしか見えなかったな~(笑) 深川製磁は香蘭社の深川栄左ヱ門の次男深川忠次が設立した。 香蘭社は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018 有田陶器市に行く

3年ぶりに、有田に行きます。 まずは、快速「有田陶器市号」に乗車~♪ (二日市駅8:12発) 811系電車は不滅だ!方向幕も専用のモノに進化している~ 乗り鉄記は後日しますね~。 上有田駅で下車すると、駅前のお店はろくろ回しを披露していました。 裏道っぽいところを5分ほど歩くとメインストリートに出ます。 有田駅近く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more