2018 有田陶器市に行く 5 乗り鉄編③ 最終回

昨日19(土)に大分・竹田ツーリングに行きブログアップしたいところですが、CP+の連載も途中のままで、有田陶器市も連載中だったので、一つずつ片付けていかないと…

まずは、有田陶器市から…
有田駅から鳥栖行の普通列車に乗り、一駅で列車の離合待ち。
佐世保線は単線。連休の増発で、駅での停車時間が長いです。

来るとき降りた上有田駅です。
下り列車「ハウステンボス・みどり号」
画像

画像

武雄温泉駅近く
九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)の工事中
画像

長崎新幹線工事はもめに揉めて、まだ揉めてます。
FGT(フリーゲージトレイン)がとん挫してしまったので、計画の変更を余儀なくされたんですね~。
フル規格やめてスーパー特急にするか、工事費は国が全額負担すればいいんです。

SONICの個人的意見は、武雄温泉駅から大村までの短絡線を建設し、既存の単線区間を複線化して、かもめの160キロ運転(スカイライナーと同じような考え)をすれば、予算は最小限にとどめられたはずです。
新幹線が開通すると、在来線は3セク化されて列車の本数が減便されて地元の人たちは不便になるんです。
北陸新幹線の開通で大阪方面からのサンダーバードが金沢までしか行かないから、富山の人たちは京都・大阪方面はかなり不便になった。
新幹線は政治色が強すぎて嫌いですね。
JR東海がリニア計画でブチぎれしたのも分かります(全額JR東海が自己負担するというもの)。


肥前山口に到着(真ん中の列車です)
後発の特急みどり・ハウステンボスに乗り換えます。
画像

博多側の先頭車はみどりです。
佐世保線の単線があるがための離合待ちや運転停車はかなりイライラします。
イライラ解消のための特急乗り換えです。
じゃあ「最初から特急乗ればいいやん!」と思われるかもしれませんが、佐世保線内の特急は速度が出せません!
画像

リニューアルしたハウステンボスの車両をチョイス
デッキ部分の壁が全部オレンジ色ダ~!!
画像

肥前山口~鳥栖間の130キロ運転を堪能したので、鳥栖で下車。
画像

遅い昼食を立ち食いうどんで済ませます。
画像

二日市で後発の快速有田陶器市号(左の南福岡行)に追いつかれた~
上りの陶器市号速かったんだ!
画像

有田駅寄りに踏切があります。
フォトの順序が前後してごめんなさい🙇
画像

これで、2018年の有田陶器市の旅を終わります。
来年はバイクで行ってみようかな~♪

□ Nikon D300
 〇 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

小雨
2018年05月21日 17:20
とすかぁ。
ドスかと思った(笑)

ハウステンボスはテンボスって言うんでしたよね?
前にSONICさんに教えてもらった気がします。
電車で行くとここからハウステンボスはめっちゃ遠いです。
飛行機で行っても船に乗らなくちゃいけないし時間が上手く合わないと待ち時間もあるし、それはそれで大変です。
母を一度連れて行きたいけどあの時間を考えるとなかなか。

4枚目の電車の写真は全部同じ電車?
今、スマホで見てるから小さくて同じに見えました。
地下鉄とかそんなっぽい電車に見えますね。
2018年05月21日 23:12
>小雨さん
看板が古くて「どす」に見えたんですね~
ハウステンボスは「森の家」のオランダ語。
ディスカウント酒屋で酒テンボスって店が佐賀にあったような…(笑)。

長崎空港から船なら、速いと思いますが、昔博多から船があったのかな?
博多からの船はあまりに不便(遅い)なので、今はありません。
博多から車じゃない人は、ほぼJR特急「ハウステンボス」で行きます。
博多から1時間40分くらいだったかな。

4枚目の写真の電車は3本とも全く同じ車両です。
貫通扉があるから、地下鉄車両に見えるんですね。
真っ黒だし…

この記事へのトラックバック