2018 有田陶器市に行く 4 乗り鉄編② 有田駅

SONICの有田陶器市のコースは、上有田駅で下車して、撮影と買い物をしながらメインストリートを歩き、有田駅に到着するコースです。
有田駅の駅名板は磁器製です。
画像

国鉄時代の雰囲気を残す、2面3線の配線。
早岐・佐世保方向を望む。
早岐まで8キロほど。トンネルはありませんが谷あいに沿った線路で山越えが必要です。
画像

3番ホームは、三セクの松浦鉄道専用。
旧国鉄松浦線です。
朝7時台は1時間に3本、昼間は1本の運行形態。
画像

JR貨物取扱駅ですが、線路を使った運行はしていません。↑↑↑
コンテナをトラックで集めて、佐賀市の鍋島ターミナルまでのトラック輸送をします。
なんか、非合理的のような感じがしますが、佐世保線の線形は単線でカーブが多く貨物輸送に向いてなく(速度が出せない)、なんといっても取扱量が少ないので平成8年に鉄道輸送をやめトラック輸送に切り替えてます。

帰りの電車が来ました。
画像

今日は、JR九州も陶器市で儲かってます
画像

松浦鉄道と同時刻発車でした。
画像

□ Nikon D300
 〇 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

小雨
2018年05月17日 22:24
トラック輸送に変わったんですね。
逆にコンテナ輸送が増えてるんですけどね~
うちの会社には週2回コンテナが入ります。
梅小路に運ぶんですよ。
京都駅に運ぶのかなと思っていたけど、よく考えたら京都駅だとコンテナ積む場所がないですよね。
2018年05月19日 07:32
>小雨さん
地方(田舎)の鉄道は、人だけでなく物量の少なさも同じなんですよね~。
拠点ターミナルの佐賀の鍋島までは遠くなので、トラック輸送の方が効率的なんでしょう。

小雨さんの会社って、規模が大きな会社なんですね~。
コンテナってパッと見小さいんですが、近くで見るとすごく大きいんですよ。
コンテナ(貨物)の駅は、平場で広い土地を確保しないといけないから、市街地から離れたところにあるんです。
でも、梅小路って住宅地だけど、線路に囲まれた博物館有り、貨物駅有りの鉄道聖地ですよね~。

この記事へのトラックバック