JR東日本 伊豆観光特急E261系 2020年デビュー

「写真がタイトルと違うじゃないか!」「仏壇列車、或る列車じゃね~」
と、お怒りの方、ごもっともです。

掲載記事からの画像の無断転載は、著作権侵害となります。
おそらく無断で複写、貼り付けされているブログもあるようですが、SONICブログは大人のブログです(笑)。
ということで、JR東日本から発表があった新型車両・E261系情報についてはリンクを張らせていただきます。
 JR東日本プレスリリース ⇒ ☆☆☆彡
 鉄道新聞ニュース(こちらが良い)⇒ ☆彡☆彡
画像

JR東日本 E261系は2020年春のダイヤ改正より運行が開始される予定です。

ラフスケッチを見て「こんな列車がホントに出ればな~」と思っていたのは昔の話で、JR九州の787系つばめ型車両がスケッチそのままで登場して以降はスケッチそのままにデビューしてくれる車両が多くてうれしい限りです。
写真はJR九州787系グリーン車入口
画像

話が飛びましたが、E261系はオールグリーン車の8両編成。
伊豆方面の先頭車両は1+1列のプレミアムグリーン車、2・3号車は個室、4号車はヌードルバーの食堂車で麺類を提供するとのこと。
5~8号車は1+2列のグリーン車で、2編成を製造するそうです。

プレミアムグリーン車の座席幅は何と!1メートル25センチ!
ヌードルバーのプロデュースとデザインは、おもに八戸線を走る観光列車「TOHOKU EMOTION」の飲食プロデュースを手掛けた「TRANSIT GENERAL OFFICE」が担当するそうです。
車両は上級志向なのに、麺類の提供とはいかがなものか?と考えますが、JR東日本の経営戦略を見守ってみたいと思います。
どのような麺料理が提供されるのか楽しみです。

そう、昭和30年代の急行列車には、立ち食いソバや寿司の食堂車があったそうです。
昭和中期の鉄道の立ち位置は、飛行機は上流で山陽地区は船旅よりはスピーディ、時代は高度成長という背景で、移動しながら気軽に食事をしたいとういう欲求があったと思います。
(もちろん、当時はコンビニやカップラーメンはありません)
それにしても急行列車に寿司のカウンターに寿司職人が握っていたというのも、驚きです!
幼少の頃、食堂車で食事したいな~と憧れていましたが、実際に行ったのは2階建て新幹線100系の食堂車が最初で最後でした。

写真は787系「セミコンパートメント」
画像

或る列車・キロシ47 (キ=気動車、ロ=グリーン車、シ=食堂車の形式名)
画像


E261系は1編成35億円で2編成造るので、70億円を見込んでいるそうです。
ななつ星の製造費は機関車込みで30億円かかっており、製造時期を勘案してもさすがJR東日本の底力を感じさせます。
画像

E261系、2年後の運行開始が楽しみですが、九州から離れてるし、オールグリーン車というところから割引切符の販売がないとそうそう気軽に乗れる列車ではないです。

踊り子号は廃車の噂が高い国鉄型車両の185系が引退し、中央線特急「あずさ」「かいじ」で使用していたE257系に置き換えとなるようです。
スーパービュー踊り子は4編成が在籍しています。2年後のE261系と置き換えになるのか?
スーパービュー踊り子使用の251系は座席車両10両編成なので、輸送量でE261系とは比較対象になりません。
さらなる新型車両の開発は鉄道会社にとっては、大きな負担になるので、既存車両の房総特急にも導入したE257系を大量投入するのか!?
しばらくは伊豆特急からは目が離せませんね!

185系踊り子号
15両編成が基本です
JR東日本で唯一の国鉄型特急列車となりました。
廃車までカウントダウン段階に入ってます。
画像

251系スーパービュー踊り子号
現在8両×4編成が在籍
画像

その他、伊豆方面の列車 ↓ ↓
伊豆クレイル ⇒ ☆☆☆彡
THE ROYAL EXPRESS ⇒ ☆☆☆彡彡
リゾート21 ⇒ ☆☆彡


普通の人が普通に乗れる、ちょっと背伸びすれば贅沢な雰囲気が味わえるような列車(車両)をJR各社には作って欲しいと思います。
下の写真はJR九州・日田駅 [左からゆふいんの森、キハ220形、キハ125形]
平成29年7月九州北豪雨以前に撮影したものです。
ゆふいんの森号は現在、小倉・日豊本線経由で運行しています。
画像

□ 列車の撮影は全てSONICが行っています。
  無断転載禁止です!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2018年05月09日 15:06
食堂車ってちょっとした贅沢って感じで良かったですよね。
でも儲からなかったのかな。
サービスが大変だったのかな…
新幹線に乗って食堂車でご飯食べると自分がものすごく偉い人になったようで気分良かったんですが(笑)

最後の写真信号機みたいになってますね。
2018年05月13日 18:15
>小雨さん
食堂車はその国の食文化を表すものだと思います。
誰でもすぐに食べられるものでないといけないからです。
クルーズトレインの四季島、瑞風、ななつ星はで供されるものは全くの別格です。
私が経験した最初で最後の2階建て新幹線100系の食堂車で食べたハンバーグステーキはものすごくおいしかったと記憶してます。
多分、若造だったから何でもおいしかったのかもしれませんけどね(笑)。
新幹線の食堂車がなくなったのは、JR東海のせいです。
東京~新大阪間はだまっていても、お客さんが来るから、座席オンリーの新幹線になってしまいました。

>信号機
確かにそうですね~
長崎に行くと、青い車両もありますよ~!!

この記事へのトラックバック