寒い5月のツーリング② 黄牛の滝(あめうしのたき)

熊本県の最北部小国町のゆうステーションから1時間で大分県竹田市までやってきました。
最初の目的地は竹田市市街地の西部にある「黄牛の滝」。
変わった名前の滝ですが、その由来は…
『黄牛とは飴色をした肥後牛のこと。その昔、滝には龍が住んでおり、村人や家畜に危害を与えていた。ある夜、僧侶は子牛の首を生贄として龍の禍を鎮めた』
とのこと。

肥後牛って呼ばれてるのは、今はあか牛と呼ばれることもある全体の毛色が茶色の牛のことですね。
黄牛、あか牛と呼ぶのもちょっと極端な感じがします。
現在、あか牛と呼ぶのは、おそらく食肉として用いられるので、イメージ向上のための呼び方かもしれません。
画像

国道から県道へいや険道だ!
さらに奥まった道へ入る。バイクしか入れない~
画像

川の音がする方を見ると階段が…
画像

川まで降りると…
滝まで900メートル!?(うそでしょ…)
画像

こんなぬるぬるの所歩かせるの?
まあ、マイナスイオンはたっぷりです。
画像

実際は300メートルもなかった…
登山用の靴をおすすめします。
SONICは雪用の靴をこの日は履いてました(寒かったので)。
でも、天候が回復しぬるぬるの場所を歩き身体に力が入って、汗をかきました。
画像

この滝、水量が多い
落差は20メートルほど
大野川の支流、稲葉川の上流にあるこの滝
水しぶきでカメラが濡れるので、あまり撮影に時間はかけられません。
コンデジやエントリー一眼などは防塵防滴でないカメラは特に気を付けましょう。

足下はどこもコケだらけ…
コケないように戻りましょ~

□撮影日2018(H30).5.19[黄牛の滝:大分県竹田市上坂田]
□ Nikon D7200
 〇 AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2018年05月22日 21:37
黄牛って甘い牛なのかと思いました(笑)

あの階段、ものすごく急じゃないですか?
転げ落ちたりしたら大変なことになりそう。
でも実際には300メートルほどなのにどうして900メートルになってるんだろ?
逆なら分かるけど(笑)
私もこの前行った時、頂上まで3分って書いてあったけど10分近くかかりました。
あそこを3分なら駆け上がらないと無理。
年寄りには絶対無理です(笑)
2018年05月22日 23:13
>小雨さん
川に降りる階段は大したことなかったです。
階段についての災難は、次回というかもうアップしているお稲荷さんで起こりました。

900メートルというのは、足元が悪いので、おそらく普通の道路の体力が必要とされるという意味合いかと思います。地図上では200メートルしかなかったです。

この記事へのトラックバック