CP+ 2018 旅編10 小湊鉄道に乗る

五井駅からディーゼルカーに乗りました。
お客さんは17人くらい。
画像

画像

里見駅
信号がありません。
昔ながらの「タブレット」を使ってます。
タブレットといっても、端末のことではありません!
画像

運転士さん、駅員の人が交換待ちの休憩です。
昭和の光景ですね
画像

画像

画像

画像

終点の養老渓谷に到着です。
路線自体は次の上総中野が終着駅です。
画像

土曜日の夕刻、この駅で降りた乗客はSONICを入れて2名。

□ 撮影日 2018.3.3 [里見駅 : 千葉県市原市平野176-1  養老渓谷駅:市原市朝生原177 ]
□ Nikon D7200
 〇 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2018年04月13日 00:03
タブレット、あれのことだと思いました。
あれで写真撮ったのかと(笑)
昔は車掌さんがあれを持っているのが普通の風景でしたよね。
私は子供の頃、あれは電車の鍵か何かがいっぱいぶら下がってるものだと思っていましたよ。
だから運転士交代の時に渡してるんだな~って。
子供の頃…いや、結構最近まで思ってました。
テレビで見たんです、あのわっかが何の意味があるのかっていうのを。
それまで知りませんでした。
2018年04月14日 20:42
>小雨さん
余程の鉄ちゃんか40代後半以降の人たちしか知らないかと…
青信号機の代わりで、あれがないと先に進めないんです。
だから、始発から終電まではA駅とB駅の間は、同じタブレットを使い続けるんです。

小湊鉄道は首都圏に近いのに、九州顔負けのものすごいローカル線です。
テレビや雑誌のロケにもよく使われており、この日もある駅で撮影やってましたよ~。

この記事へのトラックバック