2018(H30).3.17 JR九州のダイヤ改正に思う

JR九州は公約どおり、1日当たり117本の列車の減便を行いました。
これは、西鉄の社長も定例記者会見で理解を示していました。
国鉄が民営化された頃は、バブル絶頂期で列車の本数を増やすのは、当然のことでしたが、少子化により通学客は大幅減少し、路線によってはピーク時の半分に落ち込んだ路線もあります。

JR時刻表とJR九州駅窓口で配布しているミニ時刻表です。
ミニといっても、九州全部を網羅しています。(三セクは甘木鉄道のみ記載)
画像

幸い、SONICの利用する路線の朝は減便の影響は受けていません。
ただ、ラッシュの合間を縫って、運行していた有明は3本から1本に減便されています。
画像

ザーっと九州内路線を見ると、幹線である鹿児島本線、日豊本線、長崎本線、同等レベルの佐世保線でも目に見えて列車が減っており、利用者にとっては、とても悲しいダイヤ改正(改悪ですね)になっています。
佐世保線の終端、佐世保~早岐の上り列車普通列車は朝の9時36分佐世保を出発し早岐に9時49分に到着する列車の次の普通列車は20時14分佐世保発までありません。
10時間も普通列車が来ないのです。
今回のダイヤ改正で、乗車券のみ(特急券なし)で佐世保~早岐の特急列車は乗車しても良いとされましたが、中間の日宇駅と大塔駅の2駅の利用者はたまったものではないです。

日豊本線の大分県の佐伯駅と宮崎県の延岡駅の直通する下り普通列車は佐伯を6時18分に出発し延岡に7時26分に到着する電車が、始発かつ最終列車です。
東九州といわれるこの地区は、長らくの間「陸の孤島」といわれてきたんですが、自動車専用道(東九州自動車道)が開通したことにより、益々クルマに依存度が高まったといえます。
もっとも、宮崎と延岡を結ぶ高速バスも8往復から5往復に減便されています。
画像

『知事らで構成する「九州地域鉄道整備促進協議会」(会長・小川洋福岡県知事)で取りまとめた。
「今回のような一方的かつ大幅な運行本数の削減は到底承服できない」として、JR九州の青柳俊彦社長に対しダイヤ改正の再考と列車の接続改善など利用者の利便性向上を求めた。』そうです。

この人たちが鉄道を利用しているのかも、甚だ疑問です。
このような人たちに取り囲まれ、要望書を受け取った、JR九州の代表者(鉄道事業本部長)は、言いたかったでしょう。
「あなたたち、ここに来るのに(交通機関は)何で来ましたか?」と…
画像

JR九州はかなり頑張ってると思いますよ~
利益の35パーセントしかない鉄道事業に相当の予算をつぎ込んでいます。
ななつ星in九州をはじめとして、ゆふいんの森などのD&S列車などで、九州以外のお客さんの取り込みをやってるんですから…
あとは、旅行者(よそ者)ではなく、地元の人たちに鉄道に乗ってもらわないと、減便をさらに推し進めていくと思われます。

JR九州の施策全てに、賛同しているSONICではありません。
特急のワンマン化と駅員無配置は良くないです。
ワンマン化は不測の事態に対処できないだけでなく、不正乗車が横行するからです。
駅員無配置は、20時から翌朝8時まで駅員が不在となる駅が増えたことです。
これは、福岡市近郊のそこそこ乗降客が多い駅で実施しているからです。
これも不正乗車が増えます。
交通系カードの残額不足や乗り越しなどの処理はどうするんでしょうか?

□ Canon G9X (1枚目)
□ Nikon D7100(2枚目)
□ SONY RX10(3・4枚目)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2018年03月26日 14:32
SONICさんは電車好きですが、電車好きの人が全て時刻表も好きということはないんですよね?多分。
うちの会社の取引先の人で時刻表を見るのが趣味でずっと時刻表ばかり眺めているという人がいます。
どこどこに行くのだったら何時何分に何線に乗ってそこから何線に乗り換えて何時間何分で着きます、みたいなこと言う人(笑)
撮り鉄、乗り鉄、いろいろあるのですが、時刻表だけが好きな人もいるのでしょうかね?
2018年03月27日 23:28
>小雨さん
時刻表マニアはわたしの兄がそうでした。
全然列車に乗らないのに、時刻表ばかり買ってました。
わたしも時刻表は相当に好きなんですが、余裕がある現在は実際に乗りに行きます。
地図も好きなので、乗り鉄に「ツーリングマップル」を持参していきます。
逆に、ツーリングに行って、線路が見えてくると、途端に撮り鉄になったりと、色んな楽しみ方をしてます。
カメラはバッグにほぼ携帯してるので、写真もいつでも楽しめる感じですネ!

この記事へのトラックバック