CP+ 2018 旅編4 小田原駅で185系「踊り子」を撮る

CP+に行った、2日目は当然乗り鉄に徹します。
1日目の夜に行った小田原駅に再び来ました。
なぜ小田原駅に来たかというと、郊外の駅であまり人目に触れないからです。
SONICは気が小さいんです(笑)。

185系は国鉄時代、1981年に登場した車両です。
もう37年も走り続けてるんですね~
画像

登場時、その斜めの斬新なストライプの塗色にギョギョ!としました。
画像

女性の乗務員ももうかなり見慣れましたね。
運転士もたくさんいます。
画像

画像

登場時は、新特急や大宮までの新幹線リレー号に使用されていました。
関西圏の新快速に使用されていた117系を参考に製造された185系は特急からホームライナー、快速まで幅広く使用されてきましたが、あと数年内にその歴史を閉じるようです。
最初、この185系を見たときは、とても特急車両には見えないグレードが低いワンランク下の車両にしか見えませんでした。
国鉄末期に登場したので、この程度の車両かと思っていましたが、国鉄の目的は全くそのように考えていたので、「快速列車にも使える特急」というコンセプトだったらしいです。
だから、特急シンボルマークも若干小さめになったそうです。

下の写真(右)は2016.11八王子駅で撮影 : 189系臨時特急「富士山マラソン号」 この春JR東日本内での運行を終了(189系は碓氷峠越えをするための183系の電気機関車協調運転用モデル)。

下の写真(左)は2016.09松本駅で撮影 : E351系特急車両
(※写真をクリックすると大きなフォトが見られます)
画像

JR化後に登場した、スーパーあずさ用のE351系なんか平成5年に走り始めて25年しか使ってないのに、もう廃車になっています。
国鉄型車両って、長持ちするんですね~。

 
小田原駅は伊豆箱根鉄道、小田急電鉄、JR東海新幹線駅が同居しています。
画像

上屋はレールで支えられている。
歴史を感じさせます。
画像

海側から伊豆箱根鉄道、JR東日本、小田急・箱根登山鉄道、JR東海新幹線の順で駅があります。
画像

画像

次回は、東京方面に上ります。

□ 撮影日 2018.03.03 [小田原駅:神奈川県小田原市栄町一丁目]
□ Nikon D7200
 〇 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED

この記事へのコメント

小雨
2018年03月22日 00:23
京都では出町柳駅から貴船、鞍馬の方に向かう新しい電車が今日から発車したらしいです。
SONICさんならきっとご存じだろうけど。
あの電車も奇抜な顔をしてましたねぇ。
丸い何かがついてました(笑)
叡山電鉄はきらら列車が有名ですが、私は昔からある普通の電車の方が好きです。
2018年03月22日 00:59
>小雨さん
叡電の楕円形電車、もちろん把握済みです。
もう、インパクト抜群です。あの電車は
普通の人は、インスタ映え…とかで乗りにいくだろうな~
でも、ほとんどの鉄っちゃんは古い電車が好きなんです。
廃止とか、廃車とか聞くとウズウズするんです。

この記事へのトラックバック