JR九州 2018.3.17ダイヤ改正で117本減便

このニュースを土曜日の朝刊で見たときはショックでしたが、ある程度は予想していました。
毎年、増便を行って乗客が順調に増やしていたJR九州でしたが、少子化の影響は大きいと言わざるを得ません。
[※ JR九州のニュースリリース ]
九州新幹線開業後も通勤時間帯のみ運行していた「有明」。
上り:朝2本、下り:夜3本 → 上り:朝1本(長洲発をやめ大牟田発に)
伝統の特急「有明」も風前の灯火に~
(下のフォト=有明にも使用している783系「みどり有田陶器市号」有田駅で)
画像

「ソニック」は早朝の小倉~柳ヶ浦の運転をやめ、博多~小倉の「きらめき」に振り替える。
(883系ソニック先頭車車内)
画像

「きらめき」も昼間時間帯の運行をやめ→上り:11本、下り:9本に減便される。
(きらめきにも使用している787系「かもめ」長崎駅で)
画像

「みどり」は一部、定期列車から臨時列車に変更し平日の運行が減便。
佐世保線の末端部、早岐~佐世保間が特急券なしで乗車できるようになる(グリーン車、指定席除く)。
(博多駅停車中の783系「みどり」)
画像

博多~小倉間の「準快速」の名称を変更し、新たに「区間快速」の種別を設定。
特急以外の種別は「快速」「区間快速」「普通」の3種となる。
区間快速は福間~二日市の博多駅を挟んだ区間が快速運転区間となる。

博多駅発鹿児島本線の1時間のパターンダイヤは、
上り:区快・普・区快・普・快速・普
下り:区快・普・快速・普・快速・普 
となる。
上記のパターンダイヤ6本の間に、かもめ、みどり・ハウステンボス、ゆふいんの森(現在は小倉経由)、ソニックが入ります。

門司~小倉間は昼間のパターンダイヤから「きらめき」がなくなることから、エクセルパス(自由席特急定期券)利用者にとっては、ちょっと悲しいダイヤ改悪かと…(朝夕の通勤時間帯は残ります)。
(肥前旭~久留米を走行中の817系普通電車)
画像

在来線、最後の話題は日豊本線の佐伯~延岡間の普通列車についてです。
現在は8本の普通列車が走ってますが、3月からは超減便の
上り:2本、下り:1本
になるのです。
特に下りは佐伯駅発6時18分が、延岡に行ける初電かつ最終の普通列車です(朝の6時ですよ!)。

東九州は大変なことになりますよ。
そのまんま東、いや東国原英夫氏のキャッチフレーズ「宮崎、どげんかせんといかん!」と言ってたのが、よく分かりました。
おそらく、高速・高規格道路の自動車専用道路が開通したことも大きいと思います。

写真はJR宮崎駅
単行列車が停車。人が全くいないです。
とても、県庁所在地の駅とは思えないです(H29.12.11撮影ですよ)。
画像

九州新幹線は1日の運転本数を125本→119本に4本減便する。
平日の昼間帯は空気輸送列車も目立っていたので、これは納得です。
(鳥栖駅を発車した上り「さくら」N700系電車)
画像

「きらめき」に使用されている787系特急型車両(通称:つばめ型)が大幅に減便され、編成(車両)が余剰になることから、その行方が気になります。
787系電車は1992年~2002年までに製造されてきましたが、まだまだ走れる車両です。
交流電車なので、本州で使える区域は限られているので、JRグループでの譲渡は難しく、もしかしたら廃車になるかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2017年12月18日 16:29
電車っていつもどこもすごく人が多いってイメージなのですが、場所によりけりなんですね。
最近は日本自体がブームみたいになっていて、海外からの観光客もとても多く、どこに行っても外人だらけじゃないですか?
だから九州もどこに行ってもそんな感じで外人だらけで電車の乗車率もすごいことになってるのかと。
でもそれも一部だけなのですね。
逆に私なんかは外人を含む観光客が少ないところへ行きたいので、願ったり叶ったりですが…
でもそれだけ電車を少なくされてしまうと余計不便になり人が少なくなりますよね。
卵が先か…みたいな話になりますが。
2017年12月20日 00:46
九州は、福岡以外はお客さん少ないです。
九州の中では福岡に人が集中してるように、首都圏や関西圏はもっと人がたくさんいるので、黙っていても電車に乗ってくれる。
本数減らすどころか、電車も買えない、JR北海道に比べたら、九州はまだ幸せかも!

この記事へのトラックバック