2017 宮崎マラソン旅3【青島太平洋マラソン2017 当日】

今回初参加の青島太平洋マラソン。
略して「Aotai(アオタイ)」。
今行われている、大きな大会は抽選がほとんどなんですが、この青島マラソンや奈良マラソンは数少ない先着順となっています。
ネットの受付はほぼ20数分で受付が終了してしまいます。
つながれば、ラッキーな感じです。

宮崎市は県庁所在地なんですが、ホテルのキャパが小さく、マラソンの参加が決まってからホテルを探してもどこも満室。
空いてるのは1泊3万円以上の部屋とかしかないです。
サラリーマンのわたしには、とてもそんなところには泊まれません。
そこで、今回の宿泊地に選んだのは日南市の油津。
宮崎市の南方50キロで、JRの普通列車で1時間15分くらいのところです。

朝6:27発宮崎行に乗車。
ホテルは駅前徒歩1分の超便利ビジネスホテル。
画像

太平洋沿いを走る日南線は眺望がかなり◎良いです。
太平洋からの日の出がきれい!
画像

7:25運動公園駅着
簡素なつくりの駅です。
画像

しばらく歩きます。
画像

A~Fブロック分けられた、スタート位置。
SONICは一番お尻のFブロック。
虚偽のタイム申告をして、早いブロックからスタートしてもゴールが遅いと情けないですからね~。
画像

画像

都市型マラソンと郊外型マラソンをたのしめるこの大会は◎です。
勾配はほぼなくとても走リやすい!

折り返した人は、残り2.5キロで5時間切りのランナー
青島に向かうSONICは残り7キロで5時間半切を目指します。
画像

右奥の白い建物は、青島パームビーチホテル
画像

当日大会記についてはこちらをクリック → ☆彡
画像

帰りは天候が雨交じりでしたが、SONICがゴールするまでは雨は降らなかったです。
今回もなんとか晴れ男の面目を保ちました!
帰りの日南線は虹が見られました。


宿泊地についてなんですが、SONICの場合大会開催地の都市に泊まることはないんです。
いぶすき菜の花マラソンは指宿市での開催ですが、宿泊はいつも鹿児島市です。
神戸マラソンのときは、姫路市に宿泊。
富士山マラソンのときも富士河口湖町での開催にも関わらず、東京都八王子市に宿泊しました。
開催地に宿泊するのが一般的にはベストなんでしょうが、期間中は料金が高くなったり、満室になってたりとなかなか大変です。

SONICはこれを逆転の発想で、隣町や離れた都心に宿をとります。
これなら、宿泊料金の節約と乗り鉄が一度にできて、一石二鳥なんです。
今回も日南市に宿をとって正解でした!
しかし、富士山マラソンの八王子市はやりすぎたかな?という感じでした((笑)(75キロメートル離れてる))。


□ Canon Power-shot G9X


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2017年12月31日 01:19
1枚目の写真、いい色をしていますね。
私は夜に出かけることがほとんどないので夜の色を切り取った写真は大好きです。
魅力的というか。
特に電車と夜というのはいいですね。
でもこの写真夜に見えて実は早朝なのですね?
2017年12月31日 23:00
>小雨さん
朝、夕は風景写真のシャッターチャンスですよね。
冬の朝の写真は寒くて、なかなか外に出る機会がありませんが、マラソン大会の当日は朝が早いので、こんな写真が撮れます。
デジカメだと、感度を上げればいいし、手振れ補正が入っているからホントに手軽にきれいな写真を撮れるようになりました。

この記事へのトラックバック