2017 マラソン旅12 【飯田線に乗る1】駒ヶ根→飯田

この旅行の1日目に既に乗車した区間です。
幼少の頃から、飯田線に乗ってみたいとず~っと思ってました。
その頃は、古い国電(横須賀色)や電車の郵便車、貨物列車も走っていました。
元々、4社あった私鉄を昭和18年に統合して、国鉄飯田線になりました。
大都市圏並みの駅間距離の短さ(平均2.1キロ)とカーブと勾配が多いのが特徴の路線です。

駒ヶ岳登山の玄関口の駒ヶ根駅から乗車します。
画像

月曜の午後、飯田線は高齢者の大切な足です。
画像

福岡県のJRにはない「福岡駅」。(西鉄にはありますが)
画像

伊那地方独特の地形、河岸段丘のためカーブやら勾配が多く、平坦な線路が少ないです。
画像

登り坂でも電車は最新型なので、ガンガン登ります。
画像

ドア窓はキャンバス
画像

前面展望が良いです
画像

電車の性能が良いので、短い直線区間でも加速し飛ばします。
メリハリのある運転ができ、もし、運転士だったら運転が楽しい路線だと思います。
幹線の特急列車の運転は退屈であまり楽しくないと聞きます。
画像

元善光寺駅
無人駅でも駅舎がある駅が多い
画像

飯田駅で離合待ち停車
快速みすず色211系。
中央線の立川(東京都)まで乗り入れてます。
画像


ず~っと、乗っていたい飯田線。

[2017(H29).9.25(月)]
長野県駒ケ根市・飯島町・中川村・松川町・高森町・飯田市
□ SONY Cyber-shot DSC-RX10

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

小雨
2017年10月26日 21:25
福岡にはない伊那福岡。
そういえば福岡には京都郡(みやこぐん)がありますよね。
京都にはないのに(笑)
地名って面白いですね。
福岡の京都郡ってどうして京都郡なんだろう?
京都地域ってところもあるんですよね?

北海道には奈良や和歌山などの地名がたくさんあるのですがそれは奈良や和歌山から北海道を開拓に行った人が多く、彼らがその名前を地名として残したらしいです。
地名って面白いですね。

最後の写真のおじさんは何をしてるんだろう?
椅子に座ってご飯食べてる?
2017年10月27日 22:51
>小雨さん
京都郡(みやこぐん)、その昔九州南部を仕切っていた人物が大和(要は中央政権)に背いたたために、当時の天皇が自ら征伐するために、九州に入り豊前(現在の京都郡)に行宮(かりみや)を設けたことから京(みやこ)と呼ぶようになったそうです。
隣の行橋市には行事(ぎょうじ)という地名もあります。
これもなんか関係がありそう。

北海道には、そんな地名がありますね、有名なのは(北)広島。
岐阜や鳥取、福島、宮城、九州の熊本もあるそうで…

最後の写真、撮影時おじさんのことは全く意識していなくて、データ取り込みしたあとに写っていたことに気づきました。
時間的には14時くらいだから、おそい昼食かもしれませんね~。
もしかしたら、この世のものでないかも…
SONICは10年くらい前までよく見てたんですよ。
年とってくると、人間的にずるくなるから、霊感も弱くなるそうで…
話が脱線しましたね~。
鉄道の話で「脱線」してはいけません!(笑)

小雨
2017年10月27日 23:54
本当にこの世の物ではないんじゃないかと思って見直してしまいましたよ(笑)
ちゃんと存在してますよ~あのおじさんは。
何か食べてるってよりは何か見てる感じにも見えますね。
2017年10月29日 21:27
>小雨さん
多分このときは、フレーミングで駅名標を入れるのに集中していたので、人がいても気付かなかったんですね。
霊感ってそんなときは働かないですから。
子どもの頃は、実在の人間と霊との区別がつかないくらい見えてました。
母に「あのおじちゃんが…」というと、「どこにいるのそんな人」と言われ、姉は「分かってる…」みたいな感じで肩を叩いてました。

それより、世の中ほんとに高齢者ばかりですね~。
介護施設のクルマの運転手が70くらいのじいさんだったり。
とにかく、ドライバーは高齢者が多いです。
40代からわたしの年齢くらいの人が一番少ないですね~。
わたしの年齢は秘密です(笑)。

この記事へのトラックバック