しゃしんとスクーター

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017 マラソン旅 【長野に飛ぶ3】名鉄バスセンター → 飯田駅へ

<<   作成日時 : 2017/09/30 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

名鉄名古屋駅から名鉄バスセンターへは徒歩での移動です。
昨年もここには来ているのですが、バスの出発時刻までは1時間半ほどあるので、駅前をブラブラしたいのですが、荷物が重いし体調がまだ復活していないので、ターミナルビル内のメンズ館でおとなしくしておきます。

バスセンターは名鉄百貨店メンズ館の3階です。
ここは地上から入口です。
今回もナナちゃんが出迎えてくれました。

ここからのりばにはいかず、昼食の買い物とメンズ館のロフト、好日山荘や無印なんかで時間をつぶしました。
買い物は、荷物を増やすので、ロフト、MUJIで欲しいものがあってもググっと我慢をします。
画像

7番のりばは昨年使ったところ、昼食のおにぎりを食べるために空いたベンチを探していたらここまで来てしまいました。
おにぎりは去年と同じ地下街のおむすび屋さんで買いました。

今回は5番のりばです。
画像

画像

昼神温泉経由・飯田商工会館行14:00出発の名鉄バスに乗車します。
飯田駅前には16:20着で、約2時間半のバスツーリングです。
画像

携帯表示がうまくできなかったので、今回はプリントアウトしておきました。
画像

飯田に向け出発〜
今回はJR東海「しなの号」と「新幹線」が見送ってくれました。
ちなみに「しなの」は13往復で長野まで3時間5分、「高速バス」は2往復しかなく4時間40分かかります。
画像

笹島(スパイラルビル前)交差点を右折し、狭路から名古屋高速名駅前ランプから流入します。
画像

画像

名古屋城
バイクツーリングだったら絶対に撮れない写真です。
画像

東名高速小牧JCTから中央道へ
画像

中央道へ入ると山岳っぽい景色に変わります。
画像

次のトンネルが恵那山トンネル
画像

昼神温泉経由なので、園原ICで一般道へ流出
片側1車線のそう広くはない見通しが悪いカーブばかりの道路で運転手さんの腕が試されます。
画像

昼神温泉でほとんどの客が降車しました。
降りたのは人生の先輩ばかり…
SONICは全く知らなかったんですが、ここの温泉は昭和48年に湧出した新しい温泉地らしいです。
画像

伊那谷の盆地に入り視界が開けてきました。
飯田が近づいてきました。
バイクで来てたなら、この辺りは間違いなく経路に入ってます。
画像

飯田市街地です。
新宿行の京王バス(杉並ナンバー)です。
画像

予定より15分ほど遅れて到着です。
園原ICを降りてから、一般道走行距離が結構長いので、遅れたようです。
「運転手さん、安全運転ありがとう!」
画像

コンパクトな駅前広場
画像


本来はバイクでの旅行計画だったところを急遽、飛行機→名鉄線→高速バスに切り替えたので、高速バスの経路に一般道が入っているのを気付きませんでした(他の時間帯には速い便があった)。
でも、一般道走行で地元の景色が見られたのはラッキーでした!
ほぼ、バス車内からの撮影だったので映り込みについてはご容赦ください(トリミングしているものもあります)。

次回はいよいよ飯田線に乗車しますね。
土曜出勤で今日も疲れました〜
明日はゆっくり休みます。走ります(笑)。

□ SONY Cyber-shot RX10

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ナナちゃんはまだいるんですね。
出来てから随分経ったんじゃないですか??

バイクに乗っていたら撮れない、見られない景色ばかりでしたよね。
駐めて撮る訳にもいかないし。
ゆっくり出来てちょうど良かったのではないでしょうか?
でも身体しんどかったんですよね。
大丈夫だったのかな??
小雨
2017/10/02 14:04
ナナちゃん、昭和48年生まれの44歳。
う〜ん、女王陛下よりお姉さんだった!!
名古屋女性のファッションリーダーで、最近は着替えの頻度が多いそうです。

今回は、マラソンレースを前に絶不調な体調だったので「もしダメだったら観光だけでもしよう」のスタンスで長野に行ったんです。
いざ来てみたら、天気も良くて絶好のツーリング日和でちょっと残念でしたが、距離が長いと体力をかなり消耗するので、今回は公共機関で来て正解だったと思いました。

マラソン前日の夜も葛根湯飲んで、寝ました(3日連続の服用です)。
当日の朝は、なんとか体力も大丈夫だと思い、大会に出ました。
「ちょっと無茶したかな〜」と思いましたが、やっぱりランニング(マラソンですね)はきつかったです。
コース自体、坂道が多くてきついコースとはいえ、いつも最後にできるスパートが出来なかったのも、病み上がりのおかげでした。
それでも、信州伊那地方のすばらしい景色に癒されレース終了後は体調が悪化することはなかったです。

SONIC800
2017/10/02 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017 マラソン旅 【長野に飛ぶ3】名鉄バスセンター → 飯田駅へ  しゃしんとスクーター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる