榎社

榎社「えのきしゃ」って読みます。
まあ、普通ですね。
神社と呼ばないところがミソです。

太宰府市朱雀6丁目にある小さな神社です。
ここは、大宰府(太宰府じゃないよ~)に左遷された菅原道真公が逝去されるまで謫居(飛ばされて住んだところ)された跡。
「菅原道真公は、大宰府に左遷されてから逝去されるまでこの地で謫居された。
毎年9月、菅公の御神霊はここに神幸され、一夜を過ごされて翌日天満宮本殿に還御される。
榎社は、菅公を日夜お世話された浄妙尼を祀る社である。」
…だそうです。
画像

社殿の真北(奥)は大宰府政庁跡(都府楼跡)です。
住所名称「朱雀」の名のとおり、政庁の南門があったともいわれています。
画像

撮り鉄的には、やはりこのアングルですね。
社殿に尻を向けてごめんなさい。
画像

道真が左遷されたのは901年だったので、亡くなるまでの2年間の903年までここに住んでいたようです。
太宰府天満宮と違って、とても静かです。
観光客は皆無です。
何度かここに来たことがあるんですが、人がいるのを見たことがないです。
住宅地の中にあるのに、抜け道にも使われてないようです。
この近所には知り合いはいないので、祟りがあるとかは全く分かりませんが、この人気のなさは「何かあるのか?!」と考えざるを得ません。
画像

参道の真ん中に障害物が…
「人は通るな!」って意味なんでしょうか?
真ん中は神様が通るから端っこを歩かないければいけないことは知っていますが、ここの参道は狭くて、これはホントに端っこの極狭い場所を横向きに通るしかありません。

SONICの場合、いつも裏側(自宅が近いので)から入っているので、いつも罰当たりな訪問です。
幸い、今まで不幸はありません。
逆に裏口進入が功を奏しているのかも!?
画像

ちょっと、画像編集であそんでみました。
ちょっと不思議な雰囲気がいいかも!

□ SONY Cyber-shot RX10


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2017年08月24日 23:57
鳥居の向こう側を電車が通っていく場所って結構あるんでしょうか?
以前テレビで撮り鉄をやっていてそこでも鳥居の向こうの電車を狙って写真を撮っていましたが、九州ではなかったと思うんです。

ここはSONICさんのおうちの近くなんですね。
近くにこういうところがあるのっていいですよね。
うちの家の近くには大きな神社があるのですが、ちょっと立ち寄って…というくらいの場所ではないので。
2017年08月25日 21:53
>小雨さん
>鳥居の向こう側を電車が通っていく場所
知らないので、鳥居・電車のキーワードで検索すると全国的には数カ所あるみたいですね。
その中でも、ここはいい感じで列車が鳥居の中に入る感じです。
しかし、住宅街の抜け道になってるせいか、クルマが多いので、必ず写ってしまいます。
きれいに撮るなら、早朝に撮るしかないですね~。

自宅から近くは近くなんですが、クルマで12~3分かかりますです(車で行ったことないけど)。
道が狭いので、SONICはいつも自転車で行ってます。

この記事へのトラックバック