Marathon season prologue

来月、9月の最終日曜日のレースにエントリーしています。
ろくに、練習していないのに、まだ暑さが残る9月のレースはちょっときついかも!?


2016八ヶ岳縄文の里マラソン大会   OLYMPUS STYLUS XZ-2
画像

2016いぶすき菜の花マラソン SHARP AQUOSPHONE SH-01G
画像

2015神戸マラソン
さすがに、人が多いです。 Nikon COOLPIX P330
画像

2016富士山マラソン OLYMPUS STYLUS XZ-2
画像

2017玉名いちごマラソン Nikon COOLPIX P330
画像

最近出場した、マラソンレースのスタート前の様子です。
これが全てのレースではありませんが…
冷静に考えると、結構出場してるな~
SONICの場合、日常が本番、大会は練習みたいな気持ちでやってます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2017年08月16日 15:40
以前からマラソンについて疑問があったのですが…
ものすごくたくさん参加するマラソンだと一番前のランナーが出発してから最後のランナーが出発するまでにかなりのタイムロスがありますよね?
あぁいうのは出発の時間関係なくスタートの合図から計るものなのですか?
だとしたら一番後ろの人って損ですよね?
タイムを競うような人や招待ランナーは一番前なのでしょうけどね。
マラソンしてる人はそんなこと気にしないよ~って感じなのでしょうかね??
2017年08月16日 22:35
大変ご無沙汰しております!

しばらくブログ巡りも全然出来ていなかったのですが、某掲示板(笑)でD7200を購入されたということを知り久々にお邪魔いたしました!
Nikon100周年にきっちりとお祝いされましたね、私も何かお祝いせねば(笑)

ちなみに私はといえば、逆にDXフォーマットを全部(といっても残っていたのはボディ×1、レンズ×1だけでしたが)処分して、Fマウントはフルサイズに統一してしまいました。
コンパクトな機材で出かけるときはマイクロフォーサーズかNikon 1、もしくはRX100、あるいはスマホで・・・(笑)

ところで、マラソンですが、今年はご来阪の予定はなかったんでしたっけ(^_^;?
2017年08月16日 23:14
>小雨さん
マラソンのタイム計測はICチップで管理されています。
現在、ICチップは靴紐に装着するタイプほとんどです。
以前は、ゼッケンに付けてるタイプが多かったんですが、途中で脱落させる人がいることから、靴紐にしっかりとつける大会が多いですね。

タイムは
 グロスタイム=スタート時間(スタート時間が9:00なら9時)から計測する。
 ネットタイム=ランナーがスタートラインを通過した時刻から計測する。

なので、どこからスタートしても大丈夫なんです。
スタート位置は過去のマラソンタイムが基準となっており自己申告制になっていますが、うそがばれると最後尾に回されます。
当然、最後尾になると、ダラダラ走る人が多くて、タイムも遅くなるので、できるだけ前の方に行きたいのですが、ゼッケンナンバーでブロック指定される大会もあるので、「前の方からスタートした割には、あいつ遅いよな~」と、白い目で見られるので、自己申告タイムはきちんとしたほうがいいですね。

ネットタイム(個人タイムの計測)ができるようになったのも、ここ10年くらいです。
10キロ毎のラップタイムも見れる大会も増えてきており、個々のレースの質も上がってきているようです。
2017年08月16日 23:32
>yamatakaさん
こんばんは、コメントありがとうございます。
某、Kサイトご覧になって、とうとうバレてしまいましたね(笑)。
カメラとレンズ、実はかなり処分しました。
デジイチはニコンのみで、今あるD300も処分予定です。
AF単焦点もほとんど使用しなかったことから、全部売りました。
コンデジもルミックス2台(廉価版と防水型)、RX10のみです。
まあ、一般の人に比較すれば、十分に多いでしょう(笑)。

ニコンはリストラや高級コンデジの発売中止の発表などで、あまりいい話がないことから、新品購入をさせていただきました。
しばらくは、D7200でDXフォーマットを身軽に楽しんでいきたいと思います!!

京阪神地区のマラソンは、抽選や定員オーバーでコトゴトク玉砕されています。
残るは、2月開催予定の京都マラソンの抽選待ちです。
当選のあかつきには、ぜひお会いしましょう!
小雨
2017年08月18日 21:18
へ~~~
やっぱりそういうことなんだ。
前からずっと不思議だったんですよね。
最近はマラソン人気でかなりの数の参加者がある大会も多くなってるでしょ?
タイムを競う時あれは絶対不利だよなぁって。
でもそうやって計るのなら安心ですね。
って私が安心してどうするんだ(笑)
2017年08月19日 08:15
>小雨さん
安心されましたか!?(笑)
ゴールするとタイムが印字された完走証がもらえるんですが、12~3年くらい前まではネットタイムやラップタイムの印字はなかったので、タイムを気にする方はスタート地点を通過する時間を覚えておく必要がありました。
(まあ、時計のストップウォッチ使えば問題なしですね)
SONICの場合、タイムが5時間15分~6時間00分と幅があるので、タイムはほぼ気にしません(写真を撮る枚数によりタイムが変動します)。
しかし、制限時間や途中の関門には引っ掛からないように走っています(過去に関門で止められたことはありません)。

2015年に走った神戸マラソンは2万人の参加者がいたので、HブッロクのSONICがスタート地点を通過したのは号砲が鳴って13分後でした(神戸はA~Jブロックに分けられた)。
スタート地点に有名人がいると、流れが遅くなるので、このときは女優の藤原紀香さんがいたので、当然ゆるゆるでしたね~。

この記事へのトラックバック