SL人吉号

人吉まで行って、マラソンレースに参加して、そのまま帰ってくるのは、おひとよし
SONICはただでは帰りません!
もちろん、撮り鉄です!!

熊本駅~人吉駅間には土日を中心に、シーズン中はSL人吉号が1往復運行されています。
もともとは、昭和63年から運行していたSLあそBOY号の機関車でしたが、8620形は大正生まれの超高齢の蒸気機関車で、阿蘇の急勾配を登ることができなくなり、平成21年から勾配が緩やかな球磨川沿いの肥薩線で復活を果たしました。
画像

画像

石造りの機関庫は、全国でもここにしかありません(明治時代のもの)。
すばらしい!!
画像

サービス満点の運転士。
子どもに手を振り過ぎて、ちょっとお疲れ気味。
画像

ちょうど、入替作業のときに到着できて、ラッキーでした。
画像

動輪がうつくしい!
画像

これは客車部分
画像

画像

画像

まるで、生き物のような蒸気機関車。
運転士によると、運転は電車の10倍以上の労力が必要とのこと。
電車の運転に比較すると、比較にならないとのことだそうです。
「今まで、電車の運転って何だったんだ~!!」と、皆思うそうです。
まあ、宇宙船ですね(笑)。

走行シーンまで、撮影したかったのですが、マラソンのあとの撮り鉄はちょっときついです。
安全を考慮し、早めに切り上げ、帰路に就きました。

□ Nikon D300
 ○ AF-S DX VR ズームニッコール ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2017年03月30日 10:49
お、「じんきち」ならぬ「ひとよし」だ。
旦那が熊本に行くまでずっとじんきちだと思ってました。

石で出来た機関庫、いいですねぇ。
機関車とか汽車って響きがいいですよね。
京都でも結構最近まで汽車が走ってたんですよ。
それが走ってる地域に帰る子は「電車で」って言うとみんなに「電車やなくて汽車やろ」って言われてましたが。
あのSLピカピカですね。
新車みたい。
すごいなぁ。一度乗ってみたいです。
鉄道博物館にあるはず…
2017年03月31日 22:30
>小雨さん
「じんきち…」、九州人にはとても理解できない読みです(笑)。
まあ、どちらも音読み、訓読みの組み合わせなので、どっちも正解なのか!?

明治時代は、こちらが鹿児島本線で、海側に鉄路が引かれると、ローカル線になってしまった肥薩線。
でも、九州新幹線の開通で八代~出水間は第三セクターになったので、熊本~鹿児島を結ぶJR線はこちらのみになったのは、先祖帰りとも言えます。
人吉駅は、田舎の駅なのに、構内がすごく広くて、その昔はSLの拠点になっていたんでしょうね。
わたしが子供の頃、国鉄のことを「汽車」と呼んで、西鉄などの私鉄は「電車」と呼んでましたね~。
すでに、SLは本線からなくなっていたので、親がそう呼ぶから、子どもも真似していたんですね~。
京都の鉄道博物館、当然SLはあるでしょ~!!
まだ、行ったことはないんですが…
小雨さん、一緒に行って鉄ネタで盛り上がりますか!?(笑)
小雨
2017年04月01日 23:58
え~じんきちっていう読み方は理解不能ですか(笑)
京都には間人っていう場所があるのですが、人間にしか見えませんよね?
で、何って読むかご存じですか?
私もそんなに遠くない頃に知ったんですけどね~

鉄道博物館、SLあるのかなぁ??
前はあったけど。
あと、新幹線の0系があるのも見たのですが(宣伝で)。
きっとSONICさんより先に行ってみせますよ~
いや、後かも(笑)
2017年04月02日 14:19
>小雨さん
間人=たいざ。調べました。
絶対に読めません!(笑)せいぜい、はざまびと!
地名は地元民しか読めません。
新幹線は0系、100系が好きですね。
以降のは、食堂車ないし…
大人になって、新幹線の食堂車で食事するのが夢だったのに、叶わず…。
JR東海は大嫌いです!
鉄道博物館、位置的にSONICは大いに不利です(笑)。
でも、いつか行きます。
小雨
2017年04月04日 21:03
間人ね、絶対読めないですよね~
私だってつい最近まで知らなかったし(笑)
なぜ知ったかというとカニの有名なところなんですよ。
間人ガニと言ったらかなり高値で取引されるらしいですよ。
2017年04月06日 21:52
>小雨さん
間人=「まおとこ」じゃないですよね~(笑)。
カニで有名なら、当然日本海に面したところですね~。
日本海のカニなら、間違いないですね~。

この記事へのトラックバック