2016 富士山旅マラソン14 東京駅

SONICの平成28年・2016年の仕事納めは30日でした。
今年の年末年始の天気は穏やかなようなので、大みそかは部屋の大掃除ですね~。
でも、片づけしていると、思い出の品が出てきて、思うように進まないのが定石…(笑)。

富士山マラソンネタ、まだ続いてます((;^_^A)。
河口湖でのマラソンレースを終えて、その日の夜は、駅地下で弁当を買ってホテルで食べます。
せっかく違う土地に行ったのだから、おいしいもの食べに行かないの?と思われかもしれませんが、フルマラソンを終えたその日の夜は、疲れてとても外出して食べようと思いません。
駅地下や地元のスーパーにも、地元色を感じさせるものが結構あって面白いですよ~。

翌日は、とりあえず都心に向かいました。
西荻窪で下車、駅前の天ぷら店で昼食にしました。
画像

中央快速に乗り、東京駅で下車
画像

画像

八角形の天井の四隅に、復刻された干支のレリーフがあります。
天井は八角形なので干支のレリーフは全部で8つ、
つまり8匹しかいない…。あと4匹はどこにあるのか?
欠けているのは、子(ね)、卯(う)、午(うま)、酉(とり)の4つ。方位でいうと、ちょうど東西南北にあたる。何か意味があるのかと関係者の間で謎解きは続いていたのだが、それが見つかった。東京をはるか離れた佐賀県の武雄温泉にあったのです
なぜ佐賀県かというと…

東京駅の設計者は近代建築の父といわれる辰野金吾(1854~1919)で、日銀本店や奈良ホテル本館など数多くの名建築を残しています。
辰野の出身は佐賀県唐津で、武雄温泉にも彼の手になる「武雄温泉楼門」があります。
竜宮城を思わせるような奇怪なデザインで、国指定の重要文化財です。
JR東日本の建築設計事務所の担当者がたまたま訪ね、そこに東京駅に欠けている4つの干支があるのを知った。
武雄温泉楼門の2階の天井に通気口を兼ねた開口部があって、たしかに子・卯・午・酉の4つがあります。
設計・完成は東京駅と1年違いで、佐賀県も「辰野さんの遊び心だったんじゃないか」と言ってます。
画像

画像

八重洲口も…
画像

上野東京ラインの開通で常磐線特急ひたち、ときわも上野止まりから、東京・品川まで乗り入れ可能となりました。
平成25年3月から常磐特急はE657系に統一されました。
力強さは感じさせますが、同じく強く見えるJR九州787系のきめ細かさはないです。
画像

□ Nikon D300
 ○ AF-S DX VR ズームニッコール ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2016年12月31日 01:03
東京駅の干支の話、私も知ってます。
テレビで見て知りました。
東京駅は好きな駅の一つなので東京駅特集をやっていたのを見たのですが。
あと、駅構内で殺された首相が2人いてその場所のタイルの色が違うとか。
駅長室の延長線上にゼロキロポストがあるとか。

東京駅の煉瓦造りの駅舎、いいですよね。
京都駅は今の駅ビルになってからダメです。
前の駅舎が好きだったのになぁ。

あ、SONICさん、うちのブログにお名前書き込まれてるのはわざとですよね?
違っていたら消すのでおっしゃって下さいね。
2016年12月31日 22:57
>小雨さん
東京駅って、ホントに日本を代表する駅ですよね~。
乗降数は新宿が1番かもしれないけど、格が違います。
この日は、前日のマラソンの疲れか、電車の中で居眠りの連続でした。
あまり、あちこち行ってないんです。

歴史ある駅舎は残しておいて欲しいんですが、少子化の影響で、乗降者数の減少はどこの鉄道会社の悩みで、鉄道以外で稼がないと経営が傾くんです。
駅ビルの新築は、鉄道会社にとって、おいしいとまではいかないまでも、人が集まってくるので「やるしかない!」事業なんですよね~。

二条城とか奈良駅とかもそのままが良かったですよね~。
名前の件、ありがとうございました。
年末にご迷惑おかけしました。

この記事へのトラックバック