諏訪地方・日本のへそをマラソン旅

今日から10月が始まりました。
時の経つのは早いです。

2016年初秋のマラソンシーズンがはじまり、今回SONICの「マラソン旅」は、今回長野県にお邪魔しました。
日付は、9月11日。平地でのマラソンレースであれば、この時季では暑くてとてもできません。
今回参加した縄文の里マラソンが行われた茅野市の尖石(とがりいし)遺跡付近は、標高1050mくらいで、平地の気温より4℃ほど低いです。
時間帯によっては九州とは、5~6℃低いです。
ウルトラマラソン(フルマラソンを超える距離のマラソンの総称)は高地や北日本で、夏場に行われることが多いですね~。
画像

朝、目が覚めて、ホテルの窓の外を見ると曇り。
雨が心配されましたが、天気予報は曇りのち晴れに変わっていました。
画像

上諏訪駅です。
スーパーあずさなど、全ての列車が停車します(貨物は分かりません)。
画像

マラソン会場は隣町の茅野市。
諏訪市に宿をとったのは、諏訪市の方がホテルが多く、駅前だったからです。
休日の朝だかでしょうか、駅前の車が少ないです。
画像


上諏訪駅の改札口
画像

7時40分発の茅野止まりの普通電車313系です。
オレンジのラインはJR東海の車両の証。
車内保温のための押ボタン式半自動扉機構を搭載しています。

この列車は飯田線の飯田駅を5時ちょうどに出発し、走ってきた列車です。
上諏訪駅はJR東日本の管内ですが、JR東海の電車が乗り入れてきます。
これも電化方式が同じ直流電化だからですね~。
画像

車両は新しいんですが、シートは昔ながらの向かい合わせのクロスシート車バージョンです。
JR九州のヒョウ柄に慣れているわたしは、この明るい水色でも落ち着いて見えますね~(笑)。
313系はロングシート、転換シートがあり、新快速からワンマン運転車両まで、幅広く展開しています。
JR九州の817系に相当する車両ですね~。

2両編成ですが、4人区画を独り占めです。
画像

車窓の稲が色づいています。
茅野駅まで1駅だけの旅です。
画像

茅野駅を降りると、東口にシャトルバスが待っていました。
画像

マラソン会場の尖石遺跡の広場です
茅野駅から約10キロ、20分ほどシャトルバスで移動。かなり高度を上げてきました。
縄文時代の遺跡が発掘されてきたこともあってか、「日本人の起源はここにあり!」みたいなことを開会式のイベントで言ってました。
ちなみに、茅野市は日本のへそ宣言はしていません。
画像

第2折り返し。
中間点は過ぎています。
画像


標高は1,000メートルを超えているはずですが、涼しくありません。
画像

ランで汗だくです。
画像

こじんまりとした大会でした。
道路も広く、走りやすかったです。
画像


ゴール後は、更衣所兼手荷物預け所の体育館で着替えと休憩です。
森の中にこんなところに体育館?があるのって場所に存在する、外観は木造の体育館です。
画像

家族連れできても、ピクニック気分で楽しめそうです。
画像

縄文の里マラソン、良い大会でした。


次回は茅野駅に戻ります。

□ OLYMPUS STYLUS XZ-2


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2016年10月07日 14:24
ゼッケン逆さになってる人、笑いました!!
マラソン大会、すごいなぁって思います。
マラソン大の苦手の私からしたら「信じられない!」って感じですよ(笑)
でも全国いろんなところで開催されてるんですね。
SONICさんのマラソン日記を読むまではあまり考えたこともなかったけど。
各都道府県、一つはやってるんですかね?
2016年10月08日 21:08
>小雨さん
こんばんは~^^)/
笑っていただけて、うれしいです!!
マラソンは空前のブームですね~
11月に入ると、日曜は全国各地で、10キロからフルマラソン、ウルトラマラソンまでどこかでやってます。
9月は、ほんとはまだシーズンではないです。
ちなみに、2017京都マラソンは当選しませんでした~(残念!)

この記事へのトラックバック