マラソン&乗り鉄 鹿児島中央から福岡へ JR普通列車の旅 [ 隼人駅 ]

昨日のマラソンを終え(いぶすきマラソンは1月10日)、足に貼りまくった湿布のおかげで、足の痛みはほとんどありません。
マラソン翌日の朝ごはんは、異常なまでに摂取するので、太り過ぎに注意です(笑)。

家族と職場のお土産を中央駅のお土産売り場で、買い物をします。
初日に下見をして、買うものは決めていたので、短時間で終わり、ホームに向かいます。
往路は海側の鹿児島本線と肥薩おれんじ鉄道に乗車しましたが、復路は山側の吉松・人吉経由で福岡へ向かいます。

乗車する電車はすでに待機していました。
鹿児島中央駅は在来線3面6線、新幹線は2面4線と本土最南端の県都にふさわしい駅の規模です。
とはいえ、以前ブルートレインや有明、つばめが発着していた活気は在来線からなくなり、新幹線ホームへと移りました。
跨線橋の直上に新幹線ホームあります。
画像

画像

休日の郊外向けのローカル線の風情で、席は選び放題。
ドア際から2列目の落ち着くシートをチョイスします。
画像

JR九州の地方路線のスタンダード電車、817系2両編成ですね。
写真では優先座席のカバーがかかって分かりにくいんですが ↑ ↑
シートは革張りです。


鹿児島駅を出発すると錦江湾沿いを走ります。
ホテル滞在中見られなかった桜島を眺めます。
雨上がりの曇り空で、いまひとつ視界がパッとしません。
画像

駅に停車する都度、離合停車をします。
国鉄時代、首都圏中心の政策で見放されていた九州は幹線でも大半が単線です。
鉄ちゃんでも、待合の時間が長いとイライラします。
車中心の生活にならざるを得ない地方の現状です。

隼人駅に到着
画像

2面3線の隼人駅。
国鉄時代の雰囲気を残しています。
画像

駅舎は竹材を用いたデザインでリニューアルされています。
もちろん、ドーンデザイン研究所・水戸岡鋭治先生の作品です。
画像

画像

SUGOCAエリアに入っています。
改札口はオープンな感じです。

ここで、列車を乗り換えます。
次回は吉松方面へ向かいます。

□ Nikon1 V1
 〇 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
□ SHARP AQUOSフォンSH-01G (3枚目のみ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック