日田駅の車両たち

日田駅が所在する日田市は大分県の最西端の都市で人口約6万7千人。
江戸時代は幕府の直轄領である支配所(天領)が置かれ、昔から活気がありました。

久大本線(久留米~大分)は非電化なので、ディーゼルカーでの運行です。
昭和末期まではディーゼル機関車牽引による客車運行もあってました。

写真はキハ200形と或る列車
画像

キハ47形或る列車
実は2012年まで、JR四国を走っていた車両です。
キロシ47・美しき改造です。

連絡通路ギリギリ(エレベーター扉の前)のガラス越しの撮影でかなり無理な体勢での撮影です。
画像

左からキハ47形JR九州色、キハ125形、キハ200形
画像

キハ200形は篠栗線、筑豊本線(福北ゆたか線)の快速列車としてデビューしましたが、福北ゆたか線はその後電化されたので、久大本線と長崎地区及び指宿枕崎線に配置転換となりました。
電車並みの加速力が自慢です。
画像

キハ220形は200形の単行型の両運転台車両です。
画像

キハ125形は国鉄時代の老朽車両の入れ替えで登場しました。
画像

画像

キハ72形のゆふいんの森号
今年の夏に5両編成になりました。
画像

久大本線のオールスターたち!
赤、黄、緑(青)で信号機色ですね。
画像

本日のブラタモリはテレビに釘付けでした。
福岡第2弾企画で、テーマは「福岡の発展は鉄道にあった」というもので、地元福岡の鉄道特集という感じで、ものすごく楽しめました。
西鉄を中心にJR西日本の博多南線も登場しました。
福岡の鉄道がいかに、日常の生活に密着していたかなどの紹介で、他の地方の人たちは楽しめたのかな?
番組の中でJR九州が全く出なかったのは、他の広報で十分に登場しているから、ヨシとします。

福岡に限らず、他の都市も鉄道が街(町)を形成していったことは、間違いないです。
駅を中心に、人が集まり、百貨店、オフィス、住宅地ができるのは当然のことですから。
タモリさんはすごい鉄道ファンで、地図好きなので、わたしは初対面でも話が盛り上がりそうです。

現在の日田駅前は、ちょっと寂れている感が否定できなかったです。
当たり前の車社会と少子化の影響は地方都市から顕著に表れています。

□ Nikon D300
 〇 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
 〇 AI AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED 

(※ 写真の著作権は掲載主SONIC800にあります。無断で転載等を禁止します)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年10月05日 00:45
Sonic800さん、こんばんは、、。
流石に非電化路線、、キハの道具箱のような有様ですね、、。
キハ47を改造した或る列車、、ゆふいんもあり、、楽しいですね。
駅の跨線橋から俯瞰した写真、、いい雰囲気ですね、、。
今週末に家内と長女が日田に行きます、、何やら陶器祭りがあるそうですね、、。
たまには当方にもお越しください!
小雨
2015年10月05日 17:24
昨日、たまたま旦那と中国地方を走る寝台列車について話していました。
乗りたいね~けど、とれないんだよね~とか。
その時、ふとSONICさんの撮っていた金の列車のことを思い出して「な~九州に金色の列車があるの、知ってる?」って聞くと「いや?何それ?」って言うので、SONICさんのブログから金の列車を見せました(笑)
「そうやねん!九州って見たことがない列車がいっぱいいるねん。こっちやといつも見るのしかないよな」って旦那が言ってました。
「俺は九州縦断列車に乗ったことがあるで。ちょっと豪華な感じやった」とついでに自慢してましたが。
ホントにこっちでは見ない列車が多いですよね、九州。
SONIC800
2015年10月06日 07:28
>OTSUKYOUさん
非電化区間の主要駅は、架線がなくて遮るものがなくて、まさにジオラマですよね~。
陶器まつりのことは、知らなかったです。
天領の町なので、良い雰囲気です。
サッポロビールの工場もあるので、ビール好きにはたまりません!
SONIC800
2015年10月06日 19:01
>小雨さん
ご主人と列車の話で盛り上がって良かったです!。
中国地方の寝台列車というと、サンライズですね。
5年くらい前に、息子と乗って大宮の鉄道博物館に行きました(笑)。

九州横断特急は普通の列車なんですが、本州の方から見ると豪華に見えたんですね。
シートの生地がアバンギャルドとか、壁紙が近未来的だったりとかで、ちょっといい気分になれるんです!
九州の人たちは日頃から、いい列車に乗れて幸せなんですね~(^ω^)。
2015年10月24日 01:25
こんばんは~♪

こちらではもうほとんどディーゼルカーを見かけなくなったので、こんなに色とりどりの列車が見られるのは楽しいですね~
私が子供の頃はキハ58系やキハ30/35系が走っていましたけどね^^
ゆふいんの森号なつかしいです。また乗りたいなぁ~^^
2015年10月25日 19:17
>yamatakaさん
こんばんは~^^)v
えらい、深夜のコメですね~。
ありがとうございます。

そうですね~
関西地区は関西本線の山間部、播但線の一部と山陰本線の鳥取側を除いて、電化されてますからね~。
その点、九州はまだまだ気動車王国といってもいいかもしれません。
事実、ななつ星も機関車はディーゼルですからね~。

ゆふいんの森と言わず、817系や813系も待ってますよ~!!

この記事へのトラックバック