2015 秋 SONICレンズ交換式フィルムカメラ システム現状

前回のデジイチシステムの現状につづき、今回は銀塩カメラの現状です。
今年F100が旅立ったのみで、あとは変化なしです。
画像

[左端列] 前からNikonFM2、NikonFE2、NikonFM
[中左] 前 KonicaHEXAR RF、NikonF4      
[中右] 前 Nikon F2(アイレベル)、Nikon F2PhotomicA
[右列] Nikomat EL (シルバー・ブラック)

俯瞰してみます
画像



●NikonF2[アイレベル DE-1付き]●
ニコンフラッグシップ機で最後のメカニカルシャッターカメラのF2(アイレベル)は当時の定価は69,000円。
三角頭が、超絶かっこいい!
もちろん、中古購入です。
2011年夏に、タカチホカメラ天神店(カメラのナニワ系)で7万円台で購入しました
画像

フォトミックは5種類あって、従来レンズ型用のフォトミックとフォトミックS、フォトミックSB。
Ai用のフォトミックAとフォトミックASがあります。
当時はアイレベルよりフォトミック付きの方が高価でした。

●Nikon F2 PhotomicA [フォトミックファインダー DP-11付き]●
わたしのフォトミックはAi 方式の「PhotomicA」です。
当時の定価は102,000円なので超高級機です。
ほんとに一部の人にしか買えない、高嶺の花のカメラでした。
アイレベルとの差額を考えると、フォトミックファインダーは高価だったんですね~。
当時は、電子回路は高額なものだったことが、分かります。
今は露出計のない、当時安価だったアイレベルファインダー付きのF2の方が高く売られているのは、おもしろいですよね~。
露出計が入っているので、故障のおそれがあり、フォトミック自体がプラスティック製というのも、安価な原因かもしれません。

フォトミックAの露出計はCdsの針指針式(Cds=硫化カドミウムを使用した光センサー)
フォトミックASはSPDのLED表示式です(SPD=シリコン・フォトダイオード、半導体を使用した光センサー)
Cdsは反応が遅いんですが、連写するわけでもなし、針指針式の性格とともに、のんびりとフィルム撮影するのに合います。
SPDは反応が早く、LED表示との相性が良いです。針指針式では中級機のニコンEL2から導入されています。


F2はファインダー交換式なので、フォトミックAボディがアイレベルになったり、従来レンズ対応のフォトミックSボディなったりと、変幻自在です。
画像

他にペンタの645もあったんですが、バッテリーパックが液漏れを起こし、使用不能となりました。
あまりに長期間使用しなかったのが、原因です↓↓。
ニコン、コニカは全て、使える動体保存状態です。
レンズ交換式カメラはほぼニコンで占めています。
それぞれの機種に思い入れがあるので、すこしずつ紹介しますね~♪

□ OLYMPUS STYLUS XZ-2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

小雨
2015年09月14日 10:46
すんごいわぁ(笑)
やっぱりSONICさんの方がすごいですねぇ。
SONICさんのを見て思い出しましたが、私も2階のタンスの中にフィルムカメラが数台入ってるのを思い出しました。
父からもらったコニカミノルタのフィルムカメラ。
まだ使えるかな?

フィルムの方がカメラにも味がありますよね。
いろんなものがデジタル化するのって善し悪しかな。
私は人間がアナログなのかもしれないけど、パソコンとか携帯がなかった時代の方が好きだなぁとしみじみ思うのでした。

じゃあなんであれだけデジカメ買ってるんだよ!!って突っ込みはなしにしてね~(笑)
SONIC800
2015年09月15日 21:46
>小雨さん
ほとんど使われることのない、フィルムカメラたち。
ちょっと、かわいそうな気もしますが、売っても体した額はなりません。
F4以外は、全部金属ボディなので、所有感が高いんです。
カビだけは生やさないように、気を付けています。

デジイチはかなり台数を減らしましたが、ペンタのQ7を入れると4機なので、普通の人から見たら変人です(笑)。
小雨さんから見ると、わたしノーマルですよね!?(爆)
2015年09月22日 01:20
こんばんは~♪

フィルムカメラ、FマウントとMマウントという組み合わせは私と同じですね~
台数は全然違いますが(爆)

SONICさんのコレクションの中だと、ブラックのF2アイレベルが一番カッコいいですね。私はシルバーを所有していますが、ブラックも欲しいなぁ(笑)

それにしても往年のマニュアル式フィルムカメラは存在感があってどれもカッコいいですよね。並んでいる姿、壮観です^^v
2015年09月22日 22:57
>yamatakaさん
こんばんは~^^)v

う~ん、使わなのにここまで増えたのは、やっぱり、カメラそのものに魅力があるからなんです。
わたしのカメラライフの始まりは父のレンジファインダーを借りたのが最初です。
父もカメラが好きだったようで、わたしが幼少の頃、二眼レフを使っていましたが、今となってはメーカーは不明です(残念!)。
一眼レフはニコンFMが初めてで、FMの当時の位置付けはEMの上でしたが、EMが販売される前までは、なんと、エントリー機だったんです。
まあ、当時はそんな売り方はしてなくて、「ニコンのマニュアル機」として売ってましたから。
F2、F3はホントに高嶺(高値)の花だったんで、死ぬまで買えると思ってませんでした。

FMに装着している、モータードライブMD-12は3台目なんです。
買っては、手放しを繰り返し、現行(?)のものは、ヤフオクで2年前に飲み会代程度の価格で手に入れました。
結論は、写真を撮るより買うのが趣味のSONICでした~!!(笑)

この記事へのトラックバック