平治岳2015 山開き Ⅱ

大戸越を下に平治岳山頂を目指します。
こちらは通称南岳。
北岳の方が高いので、あちらが山頂になります。

ミヤマキリシマ、頂上までくると、やっと咲いていたという感じです。


多く咲いて見えるように、演出です(笑)。
画像

他の植物のテリトリーも倍増しています。
画像

画像



お父さん、張り切りすぎて落ちないようによろしくお願いします!(笑) ↓ ↓
このあたりもピンクの絨毯になるはずなんですが、咲いてません~。
画像

上下とも、平地に見えるところが坊ガツル湿原地です。
画像

黒岳方向です。
高山地帯であることを感じさせます。
ここもミヤマキリシマ、全滅です。
画像

一気に下山してきました。
下山も結構きついというか、下山の方が滑りやすく危険です。
何度も尻もちつきました。
足を捻るより、服が汚れるのは問題ありません。

午前中は、満車状態だった駐車場も、この時間(15:40くらい)になるとみなさん帰路に発たれています。
画像

わたしたちも重たい靴を履き替えて、帰ります。
登山靴を脱ぐ時の快感といったら~。
(「じゃあ、登山するなよ」とか言わないでください(笑))

駐車場の標高が850m、平治岳が1643mなので標高差約800mを往復しています。
これって結構きついんです。
我ながら、頑張りました!!

登山の達成感って、頂上から眺める景色と海苔で巻いたおにぎりです。
ここの登山はかなりの汗をかくので、梅干の味がたまらなくおいしいですよ~!!
画像


2012年の平治岳登山はこちらをクリック!
  ↓   ↓   ↓
http://sonoc813ao.exblog.jp/16007203/

□ Nikon1 V1
 〇 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

[平治岳] ひいじだけ 1643m
       大分県の九重山群の山のひとつで、坊ガツルの北東に優美な姿を見せる山。ミヤマキリシマの名所として有名で、花季には混雑する

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

小雨
2015年06月09日 17:26
バイクの峠責めはされないんですか?
山は登るだけ?
とは言ってもせめる山と登る山は違いますけどね。

京都は登れる山はそんなにないなぁと思って考えていました。
比叡山は登山用の山じゃないし。
その前に比叡山は京都っていうよりも滋賀かな。
2015年06月13日 22:23
>小雨さん
峠は攻めてませんよ~
もう、そんな歳じゃないです。
それから、高山に登山するときは、かなり疲れるので車で行きます。

九州から京都に登山というはなしは、聞きませんが、おそらく地元の人たちがひいきにしている山はあるんじゃないかと…
比叡山というと、見晴らしから滋賀県の山という印象ですね。
2015年06月14日 23:50
こんばんは~♪
おつかれさまでしたぁ(^^)/

茶色くなったミヤマキリシマ、これは枯れてしまっているのでしょうか、なんだかショッキングなカットですね。
これが全部綺麗なピンク色に染まっていたら美しい光景だったことでしょうね。
来年は綺麗に咲いていることを願っています^^
2015年06月15日 22:31
>yamatakaさん
こんばんは~^^)v

半年ぶりの登山、しかもこの半年はランニングもやっていなかったので、結構ハードでした。
登ってる時は、緊張感があるので、疲れは感じませんでしたが、帰りの車中の眠いこと…。
帰りに温泉入って、自宅後はバタンキューでした。

ミヤマキリシマは、急激にその植栽面積が減っています。
近い将来、ホントに見られなくなるかも…
そのせいか、今年の登山者も少なくて、3年前の半数以下でした。
来年に期待します!!

この記事へのトラックバック