古代の国防施設 「 水城跡 」 を歩く

有田陶器市シリーズがつづいていますが、ちょっと休憩します。
今回は駅を降りてから、7世紀に構築された「水城」を歩いてみました。

日本書紀によると
 ↓  ↓  ↓
663年、日本は百済に味方して朝鮮半島で唐・新羅連合軍と戦ったが大敗した(白村江の戦い)。
当時称制を執っていた中大兄皇子は、唐・新羅がさらには博多湾から大宰府に攻め込むことを想定し、万一の場合に備えて翌664年に水城を築かせた。

翌665年には北九州から瀬戸内海沿岸にかけて大野城(福岡県大野城市)、基肄城(佐賀県基山町)、長門城(山口県下関市)などの古代山城(朝鮮式山城)を築かせた。
667年には都を内陸部の近江大津宮(滋賀県)に移した(いわゆる遷都ですね~)。
と記されています。

その規模は全長1.2kmにわたり、基底部で幅80m、高さ13mを越える人工の土塁(堤防)を築き、その博多湾側に幅60m、深さ4mの堀をつくり、水を貯えたそうです。近隣の春日市や大野城市にも、これに連鎖する小規模な水城が残っています(=小水城と呼ばれています)。
画像


画像

「父子嶋」=要はゴミとなった不要な土を適当に捨てていたら、小さい山が出来ていたということです。高さは水城に迫る高さだったとか!?昔からいい加減な公共事業があったんですね~(笑)

でも、7世紀に人力でたった1年でこれほどまでの施設を作ったのはすごいとしかいいようがありません!
第一、1400年も前のものがいまだに残っているというのが、この施設の規模の大きさが分かります。
画像

ちょっと登ってみます。
画像

いざという時は、水城の中心を貫く御笠川をせき止めて、敵が来たら堰を開いて流してしまおうという話もあるようですが、現実的ではないので、一部の政治家がいい加減なことを発言したのではないかと、昔からいたんですね~。そんな人が…(爆)。

写真は貯水池です。
周りは住宅地で、マンションも建っています。
画像

関所の役目を果たしていた、西門跡近くの空き地。
むかし、なにかあったのでしょうか?
目を瞑って、風に当たっていると、古代にタイムスリップしてしまいそうです。

画像

とても、大きなものなので続きますね~。


水城について  =  太宰府市観光協会
水城にまつわる話 = 水城のインフラ殺到状況

□ Nikon1 V1
 〇 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
 〇 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

小雨
2015年05月18日 15:15
これまであまり歴史に興味がなかったのですが、最近ほほ~と思うことが多くて、そういう歴史を知るたびに日本って昔からいろんなところがあったり、いろんなことを体験しながら生きてきてるんだなと思っています。
これまでもっと勉強しておけば、もっといろんなことがしれたのになぁとも(笑)
京都なんてその歴史がつまってるところですもんね。
九州や中国地方などにも歴史がいっぱいですよね。
2015年05月24日 05:20
>小雨さん
おはようございます^^)v

わたしも歴史は苦手で、全く興味はありませんでした。
福岡は、朝鮮半島が近いこともあって、大陸との交流や戦いがあって、近畿地方より歴史が奥深い部分もあるようです。
自宅近くに、歴史ある国防施設が現存していることも誇りに思わないといけないですね~^^;)

現実的には、水城があるので、あたらしい道路は作れないんですよね~。
行きたいところは、すぐそこなのに、かなりの回り道を強いられ不便です。
2015年05月24日 16:07
こんにちは~♪

昔の人たちの建築技術というのは本当にすごいと思います。
お城の石垣ひとつとっても、こんな大きな石を、こんなにたくさん運んで積み上げるのにいったいどれだけの人数、どれだけの日数がかかったんだろうと想像するだけで気が遠くなります。

歴史はロマンがありますね~(^^)v
2015年05月24日 18:32
>yamatakaさん
こんにちは~
お忙しい中、コメントありがとうございます。

この水城、1年余で築き上げたということが驚きです。
この時代だからこそ、作れたんだと思います。
長が命じれば、「No(ノー)」という回答はなかったと思います。
地元の男たちは、仕事を捨ててまで、この水城の構築に専従したものと思われます。
今の時代なら、調整に時間がかかり、おそらく20~30年はかかると思われます。
いや、隣町の道路拡幅でさえ30年以上かかっているので、100ねんくらいかかるかも!(笑)。
わたしも地元民なので、この時代にいたら水城を作っていたかも!?。想像だけで、ホントにロマンがありますね~。

この記事へのトラックバック