2015 有田陶器市に行く Ⅴ 有田駅を巡る車両

まずは415系・臨時快速列車「有田陶器市号」早岐行きです。
415系は鹿児島本線での快速運用から撤退しているので、この列車はレアですね~。
(ただし、415系の1500番台での快速運用はあります。いや、もしかしたら深夜とか早朝とか快速運用されてるかもしれない…。だんだん自信がなくなってきた(笑)。詳しい方がおられたら教えて下さい!)
画像

佐世保線は特急「みどり・ハウステンボス」が1時間に1本、普通列車はおおむね1時間に1本。
普通列車は2時間に1本の時間帯があり、まさにこの時間帯です。
臨時列車で1時間ヘッドを保っている状況です。
画像

3セクの松浦鉄道も1時間に1本ですが、時間帯によっては1時間に3本、30分に1本の時間帯もあって、JR九州よりがんばってます。
単行のレールバスで車両もきれいです。
サイドミラーが思いっきりバスっぽいです!
画像

画像

これも臨時特急「みどり・有田陶器市号」です。
現状の783系の中で一番プレーンな塗色で、わたしはこれが好きです。
でも、一番最初の「ハイパー有明」のオリジナル塗色が1番ですね!
画像

佐世保側の運転席後ろはグリーン車室です。
783系では真ん中に出入りデッキがあるので、それぞれの部屋をA室、B室と呼んでいます。
それにしても側窓が特大で、運転席の前面展望も素晴らしい電車です。
画像

わたしが乗車する817系肥前山口行きが到着しました。
これも臨時の普通列車です。
画像

817系の初番台の正面は鏡のように映りこみます。
鹿児島本線の3000番台のパネルはつや消しなので、そんな心配はないんですが…
車で言えば、ビッグマイナーチェンジといっていいくらい、違うんですよね~。
画像

第十三代今右衛門による陶板です。↑ ↑ ↑


3番ホームは松浦鉄道専用のホームです。
福岡県内の平成筑豊鉄道は改札口からJRと明確に区別されており「あまり仲が良くないのかな?」と思うくらい。
有田駅は、切符売り場のみが別で、共栄共存してる感じがしました。
国鉄時代も含めて、松浦線、筑肥線に乗ったことがないので、今度来た時は、松浦鉄道に乗ってみたいです。
(※ 現在は西九州線と呼ばれているようです)
画像

有田駅に30分ほどいましたが、JRの定期列車は1本も来ませんでした。
撮影した列車は全て臨時列車です。

特急列車の本数より普通列車の本数が少ないのも問題です。
お客さんが少ない→本数を減らす→不便なので乗らない→お客さんがさらに減る
う~ん、悪のスパイラルです。
JR九州も他社と同じで、都心部中心のダイヤ構成です。
単線なのでダイヤの組み換えは大変でしょうが、JR九州長崎支店にはがんばって欲しいです!

□ Nikon D7100
 〇 AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6G IF-ED

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年05月21日 15:29
こんにちは~♪

415系(こちらでいう113系ですね)は「ザ・近郊型電車」といった感じで私たちの世代にとっては非常になじみが深い車両ですよね。私の住む地域ではもう113系はほとんど見られなくなりましたけど・・・

783系は私も一番初期のカラーリングが一番シンプルで好きでしたよ^^
2015年05月24日 05:10
>yamatakaさん
こちらにもコメントありがとうございます^^)v1

通常、近郊型はラッシュ時に博多口に顔を出します。
主力は813系、811系、817系の順です。
いまだに、415系が残っているのは、関門トンネルをくぐって、下関に行かなければならないからです。
新型の交直流電車を作る余裕はJR九州にはないんで…
817系が増えてきたので、博多口から姿がなくなる日も近いかも!

現在の783系のカラーリングはちょっと??という感じです。
ペンキの無駄遣いという声も…(笑)。

この記事へのトラックバック