広角レンズ

ニッコールレンズの第2弾は広角レンズです。

広角レンズはコンパクトなせいか?
これも結構な本数を所有していました(^_^;)
古いものは、高校の写真部時代に購入したものもあります。
MFレンズが多いですね!



□ Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D

1994年に販売されたオートフォーカスレンズです。
わたしは、2011年に中古で購入しました。
スーパーインテグレーテッドコーティングは施されているので、デジタル一眼対応もバッチリです。

このAi AF-Dレンズは未だに現行品ですが、ついにGレンズが登場!しかも。明るさがf1.8です。
値段もこの2.8Dと2万円ほどしか差がないので、製造中止も近いかも!?
画像

画像

画像




□ Ai Nikkor 24mm f/2.8S

このレンズはわたしが高校の写真部時代から使っているレンズです。
50mmf/1.8Sとともに最も古いレンズです。
今ではほとんど使っていませんが、手放す気は全くありません。
それだけ、青春時代の思い出がたくさん詰まっています。
1981年販売開始で、なんと!現行品です。

現行品はスーパーインテグレーテッドコーティング処理がされています。
画像

メタルフードはいいですね~
使い込んで、ピントリングがスカスカです。
36枚撮りフィルムで50本くらいは撮ってますね~
当時はビルや橋を撮るのが好きでした。
画像

この時代の「モードラ」は巻き上げ音が派手派手です(笑)
騒音苦情がでそうです(爆)
画像




□ Nikkor-N Auto 28mm F2C

1960年販売のレンズです。
もちろん、わたしは生まれていません。
カメラのナニワグループのタカチホカメラ天神店で3年くらい前に中古購入しました。
ご覧のとおり、大変奇麗なレンズでAi改造もされて、実用性が高いです。

当時の定価が55,000円なので、今の20~30万ぐらいの価値なのかな~
いや、大卒の初任給が13,000円くらいしたらしいので、もっと高級なレンズだったのかも!?
多層膜コーティングがされており、Ai(-S)レンズと変わらぬ描写力を見せてくれます。
画像

画像




□ Ai Nikkor 35mm F2S

7年くらい前?に(よく覚えていません)製造が中止になると聞いて、新品をあわてて買ったレンズです。
人の視覚に近いレンズで、とても使いやすいレンズ。
フィルム時代のコンパクトカメラの焦点距離も35mmが多かったのもうなずけます。

このレンズもスーパーインテグレーテッドコーティングが施されています。
画像

画像

画像




□ トキナーAF 19-35mm F3.5-4.5 (AF193)

1999年販売のリーズナブルなレンズです。
発売されてまもなく買いました。
当時はF4がバリバリ現役だったので、大柄なレンズがとても似合ってます。

上記4本の広角ニッコールの焦点距離を網羅しています。
「じゃあ、4本とも不要なのでは!?」
いえいえ、そんなことはありません。
所有することに意味があるのですから…(笑)
画像

マウント面は光沢があって、キラキラ☆彡してます。
画像

花形フード付きです。
これもリストラ対象か!?

仕事に復帰して、あまり家事やってないので手がきれいになったでしょ~(笑)。
画像

本日、退院後2回目の外来診察に行ってきました。
順調に推移しているとのことで安心です。


□ Nikon D800
 〇 Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年03月04日 23:58
こんばんは、いつもランキングに投票くださり、ありがとう!
ニッコールレンズの広角編、、楽しく拝見しました。
どうなんでしょう、、最近は単焦点の広角レンズはズームに置き換わっているのでしょうか。
レンズ交換が面倒と考える人が多いのでしょうか。
ボディーを3台くらい持ち歩いて、それぞれに望遠、広角、マクロと専用で使いたいとは思いますが、、もう老人には無理ですね(苦笑
私は、子供が生まれた28歳ころからカメラを始めました。
オヤジがペンタックス党で、有名なコマーシャル、、望遠だよ、ズームだよって、やってた一眼レフ、、それを使っていましたが、自分のが欲しくなって、キャノンAE-1、A-1、そして遂にNew F-1、EOS-5まで買い進み、当時FDレンズが20本くらいありましたね。
リバーサルフィルムの現像代と印刷代が月数万円って、バカ高い時代でした(汗
コンテストでオリンパスOM-4を貰ってからは、当時はやっていたネーチャーフォトがやりたくて、マクロ系のレンズやオートベローズ、接写用ストロボなどなど、そろえましたが、でも、OM-4とマクロレンズを除いて全部リストラしました、、銀塩フィルムの終焉です(涙
カメラを復活したのは、5年ほど前、オリンパスpen E-P1のマイクロフォーサーズのデジタルに飛びつきました(苦笑
E-P3に買い換えて、軽くて便利、どこへ行くにも14-150mmを持ち歩いて、パシャパシャ写しています(笑顔
これからも、楽しいブログを楽しみにしています。
2015年03月07日 20:48
【OTSUKYON さん】
こんにちは~!

いつもコメントありがとうございます。
ペンタックス→キャノン→オリンパスと、いろんなカメラを使ってこられたんですね~。
日本のカメラメーカーはどこも優秀なので安心して使えますよね~。
コンテストでOM-4もらえるなんてすごいですね!!

デジタル時代になって、安いカメラでもシャッター押せばきれいな写真が撮れるので、あまり面白みがないな~と、思ってます。
携帯でも、というかスマホで撮って、すぐに送信やアップができる時代なので、カメラは売れなくなってしまうのか~とも、危惧しています。

まあ、そんな時代ですから、たくさん撮って、不要なものは消去して、楽しんでいけばいいのかなと!!
2015年03月12日 15:45
こんにちは~♪

単焦点レンズ、主要焦点距離別にきちんと取り揃えていらっしゃいますね~(^^)
って言ってる私も24・28・35・50・60・85・90と広角~中望遠まではそろいましたが(笑)
新しい20mmf/1.8は私も気になっているレンズです^^

高校時代から使っておられる24mm、それは大切なレンズですね~
しかも現行で今あるカメラにも普通に装着して使えるというのがいいですよね!
私にとっての50mmf/1.8Sもそんな存在です♪
2015年03月12日 22:35
【Yamataka さん】
こんばんは~^^)v

わたしの広角デビューは、当時超広角レンズに分類されていた24ミリレンズでした。
何故、24ミリだったかというと、周りの部員がみんな28ミリを持っていたから「差をつけたい」「いいかっこしたい」と、まあ単純にカッコつけたかっただけです。

当時は24ミリレンズは使いこなしが難しいといわれており、特殊な部類、超広角に分類されていました。
でも、買って正解でした。
普通に使えたんですよね~。
今では、この焦点距離はふつうの広角レンズです。

ニコンって、ホントにいいメーカーだな~。
1959年にニコンFマウントが登場して未だに変更はあってません。
56年前のレンズがDfに使用できるんですから…
Gレンズは優秀なレンズですが、AiAF-Dレンズにもがんばって欲しいですね!
yamatakaさんも50mmf/1.8S大切に使ってあげてください!!

この記事へのトラックバック