鉄分濃めに行きます!太宰府天満宮へ

11月8日(土)に、西鉄電車で太宰府天満宮に行きました。
もう、1か月も前の話ですみません。
忙しい上に、ほかの記事もあるので、なかなかアップできずにいました。

写真は3000形車内です。
画像

乗車した「急行 花畑行き」3000形です。
3000形は他の西鉄車両より車幅が5センチほどワイドボディで、関西の私鉄車両とほぼ同等になりました。
画像

二日市駅が太宰府線の分岐駅です。
特急停車駅ですが、特急は待合の時間にはきませんでした。

こちらの「8000」の表示板は特急型電車8000形の停車位置表示です。
             ↓ ↓
画像

左から、ちょい見えの5000形、3000形、5000形、3000形。
5000形は昭和50年から平成3年まで16年にわたり136両が製造され、西鉄最多の電車車両です。
運転席側のみパノラミックウインドウが特徴の3ドアのロングシート車です。
普通から特急まで使用されている、ポピュラーな車両です。
登場して39年、廃車された車両は1両もありません。
そろそろ、塗色を変更してもいんじゃないかな~(今度は地味目の色でお願いします)。
画像

画像

乗り換えを待っていたら、来たのは天神発太宰府行きの急行でした。
1日に1本だけ運行の太宰府行き急行です(土休日は2本)。
最初からこちらに乗っておけば良かった~。

デイタイムの太宰府線は3駅間(二日市 - 五条 - 太宰府)を2編成の電車が行ったり、来たりしてます。
画像

画像

太宰府駅到着~
画像

画像

博多駅発福岡空港・都市高速経由のバスも到着してました。
バスは特に特別な仕様ではなく、一般の市内路線バスと同じものです。
画像

□ Nikon COOLPIX P330

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年12月24日 14:24
こちらにも~♪

先日、sonicさんが大阪に来られてお会いしたときに、西鉄の車両が幅が狭いという話をしていましたが、お写真見て実感というか、3000形だとホームの幅ギリギリなんですね~(@o@)
よくこすらないものだと感心しました^^

5000形の左右非対称デザインは当時斬新だなあと思いました♪今見ても個性的ですね~^^
2014年12月26日 23:00
こちらにも!コメントありがとうございます^^)v1

関西の私鉄車両に比較するとナローな車幅だった西鉄。
この3000形で、阪急神戸線の1300系と同じ車幅になり、やっと大手私鉄の仲間入りができた(?)という感じです。
もっとも、西鉄はバス中心の会社なので仕方ないのかなと…。

5000形は非対称デザインに驚きましたが、その塗色にも度肝を抜かれました。
今では、西鉄の標準色になりましたが、ワタクシ的には、落ち着いた色にしてくれないかと思ってます。

この記事へのトラックバック