北九州の鉄道Ⅵ へいちく(平成筑豊鉄道)に乗る!

田川伊田から平成筑豊鉄道(「へいちく」と地元では呼んでます)に乗り、行橋に向かいます。
画像

柚須原駅
だだっ広い駅構内。
国鉄時代、ここから柚須原線が分岐し大任、豊前川崎を経由し、上山田方面に向かう予定だった。
柚須原線の路盤は第一級クラスで、一部では線路も引かれ、あとは列車が通るのを待つだけだったが、昭和55年には工事が凍結、接続の漆生線、上山田線がJR移行前に廃止され、物理的にもつなぐ路線がなくなったことで、柚須原線は未成線となった。
画像

画像

田川線は単線ですが、交換施設が設けられている駅が多いです。
伊田線(直方~田川伊田)は非電化ながら複線です。
どちらも炭鉱貨物輸送の財産ですね~。
画像

画像

行橋到着~。

□ SONY NEX-6
 〇 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小雨
2014年10月23日 17:32
こんにちは!

へいちくって言い方が通っぽい!
平成になってもう26年も経ったのに、未だに平成に馴れない私(笑)

単線ののどかな列車っていいですよね。
大都市の何本も線路があって大勢の人が乗り込んで下りていく電車は苦手です…

下にあった稲川さんの記事、一緒に写ってるのは奥さんかと思ったら違いました~
2014年10月27日 21:18
【小雨さん】
こんばんは^^)/

このあたりの鉄道に乗るのは数十年ぶりで、この「へいちく」に乗るのも初めてでした。
国鉄時代に乗ったことはあったんですが…
平成筑豊鉄道にも平成にも慣れていない私でした!

九州は田舎なので、関西の複々線の路線にあこがれます。
いや~、新快速に阪急、京阪特急最高ですよ^^)v
もちろん、ローカル線も好きですよ~!!

稲川淳二の彼女は妻ではありませんよ~。
妻も誘ったんですが「なんで怖い話に金だすんヽ(`Д´)ノ」と言われました(笑)。


2014年10月30日 23:46
こちらにも~♪

「へいちく」も第3セクターでしょうか。鉄道名に元号が入るのは珍しいですね^^

非電化複線は言われてみればたしかにあまり見たことないですね。リンク先を見ましたが、関東鉄道が電化されない理由を知ってなるほどと思いました(^^)v
2014年10月31日 12:54
【yamataka さん】
平成筑豊鉄道、へいちくは第三セクター鉄道です。
もちろん旧国鉄の路線を引き継いで、平成元年1月7日に社名を決定しました。

非電化複線は相反するところがあるので少ないんでしょうね~。
筑豊、北九州地区は炭鉱があったので、複線が必要だったそうです。
旅客より貨物の方が多くて、黒字だったそうですから。
炭鉱と終焉とともに赤字路線をかかえてしまい、次々と廃止になり、必要最小限の路線が生き残っています。

この記事へのトラックバック