しゃしんとスクーター

アクセスカウンタ

zoom RSS SONIC Nikon3X周年

<<   作成日時 : 2017/08/02 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

年齢がばれるので、3X年にしてます(笑)。
SONICが初めて買った一眼レフはニコンFMでした(写真後列左端)。
当時はブラックボディがシルバーボディより4,000円高くて、高校生だったわたしにはブラックボディなんて買えませんでした。
当時は、ニコンF3とニコンEMが発売されたばかりで、時代はエレクトロニクスカメラへと変移していました。
オートフォーカスカメラはコニカのジャスピンコニカだけで、一眼レフのAFなんかユーザーの中では、全く考えられてなかった時代です。
70〜80年代報道カメラの9割はニコンの一眼レフでした。
画像

ニコンは先月、創業100周年を迎えて、実にめでたい年になっています。
100年の間にはいろんな出来事があった思いますが、その中でデジタル一眼のニコンD1が発売されたのが1999年で、当時の価格は266万画素で65万円は超破格の価格だったそうです。
ここで、ニコンは業界で一歩先を行った感じでしたが、今は完全にキャノンがシェア1位を長らくの間保っています。
おそらくこの状況は続くと予測され、ミラーレス一眼を主体としたパナソニック、オリンパス、ソニーがシェアをじわじわと上げてきている上に、国内のカメラの売り上げは少なくなっているので、業界自体はかなり厳しい状況だといえます。

写真はミラーレス一眼のソニーNEX-7とニコン1V1
今は2台とも手元にはありません。
画像

ミラーレスの魅力は何と言っても小さく軽いこと!
カメラにあまり詳しくない人でも、気軽にカメラ任せでうつくしい写真が撮れます。
SONICはファインダーで撮影するのを基本としているので、ミラーレスでもファインダー付を選んでいました。
EVFが良くなったとはいえ、今一つテンポが遅れているような感じがするのは気のせい?でしょうか!?

ニコン1はセンサーサイズが1インチで、AFがものすごく速く写りも良かったのですが、セールス的には低迷してしまい、現在ホームページにも2機種しか出ていません。
創業100周年を迎え、フルサイズのミラーレスの登場も噂がありますが、セールス的にはかなり厳しくなるのでは…
ニコンには、とにかく売れるカメラを作って欲しいものです。


□ OLYMPUS STYLUS XZ-2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャスピンって懐かしい〜〜
何でだろ??
どこで聞いて懐かしいんだろ(笑)

歳のことは気にしない、気にしない。
私がいつもよく言うのは「30超えたらみんな一緒」
20代はやっぱり違うと思うけど、30も50も変わらないと思うんですよね。
私なんて堂々と自分の年齢語ってますよ(笑)

フルサイズのミラーレスかぁ。
何だか違う気がする。
ミラーレスにはミラーレスの良さがあって、でもそれはフルサイズにすることによって崩れる感じがするなぁ。
小雨
2017/08/04 00:37
>小雨さん
ジャスンピンコニカ、井上順さんが宣伝してました。
AFといっても、3ゾーンのAFだったかと記憶してます。
広角寄りのレンズで被写界深度によってピントを稼いでいたかと…。

歳は気にしないけど、個人を特定されると困るといっても、バイクやら鉄道やら、写真で知り合いにはバレバレですね〜(笑)。
確かに30超えると老けてる人は50代みたいな人はいるし、50代でも40前に見える若い人がいますよね〜。

フルサイズミラーレスは、ボディは小さいけど、レンズがバカでかい!
ソニーα7系が実証済みですね。
ミラーレスはコンパクトさが売りだったけど、ソニーがそれを良いか、悪いかぶち壊しました〜
ソニーのレンズって価格が高いですよね。

SONIC800
2017/08/04 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
SONIC Nikon3X周年 しゃしんとスクーター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる