しゃしんとスクーター

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成28年熊本地震について

<<   作成日時 : 2016/04/23 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

はじめに、熊本県・大分県内で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。


4月14日(木) 21時25分頃、わたしは鹿児島本線の某駅で定期券の手続きをしていました。
いつもの光景だったんですが、自分の携帯と周りの人たち携帯、駅の事務所から一斉に鳴り始めた「緊急地震速報」。
大したことないだろうと、たかをくくっていると、予想以上の揺れで、前日、左足を負傷し松葉杖をついていたわたしは、しゃがむ事もできずに、駅窓口のカウンターにしがみつき、揺れが治まるのを待ちました(橋上駅のため揺れが激しかった)。

JR駅員がホームの点検に行き、その後「列車は全て運行停止」を告げられました。
その日は、とりあえず自宅に帰宅できましたが、テレビの報道で震源地の熊本県益城町を中心として、甚大な被害が伝えられていました。
福岡地方のこの日の震度は震度4。

写真は西原村と南阿蘇村にまたがる俵山(1,095メートル)山頂から、俵山峠、北外輪山・国道57号阿蘇大橋方面を望む
中央の霞んだなだらかな山の右側(東)の低い山が、16日に山頂付近から崩壊、阿蘇大橋崩落しました
俵山もどうなっているか、非常に心配です。

写真は2015(H27)年6月に撮影したものです。
画像

そして、週末疲れた身体を休ませていると、深夜の(4月16日(土))の1時25分に緊急地震速報がスマホから鳴り、しばらくして激しい揺れが襲いました。
足を負傷していたわたしは、またもや激しい揺れに対応することができず、治まるのを待つのみでした。
身体の不自由な方や高齢者の方々はことさら、大変だったかと…
福岡では震度5弱の震度でしたが、熊本は再度の震度7だったと


松葉杖は取れましたが、負傷した左足・今もテーピングしています。
今回の負傷は、ふくらはぎの肉離れなので3〜4週間ほどで完治予定ですが、スポーツはできないですね〜。
画像

1番被害が大きかった益城町の隣町の熊本市東区に幼少の頃住んでいたわたしは、今回の地震、他人事ではありません。
親族も周辺の市町村に住んでいます。
今は、足が不自由なので、早く治して、現地に飛んでいきたい気持ちでいっぱいです。
とにかく、今はケガを治すことに専念です!


本日から不通になっていた九州新幹線の博多〜熊本間で大幅に本数を減らして、運行が再開されました。
少しづつですが、ライフラインも回復していますが、避難人口は7万人となっていて、仮設住宅等の対応も急がなければなりません。
亡くなった方は48人、行方不明2人、震災関連の病死も12人です。


そう、「何で?ケガしたの?」と思った方!
「準備運動中です」(笑)
周りの人たちが、言ってました「SONICさん、フルマラソン走るのに、なぜ?」「歳は取りたくないね〜」
いや〜、油断できません!
人生何が起こるか分かりません。

□ Nikon D300(阿蘇の写真)
〇 DX NIKKOR18-200mm
□ SHARP AQUOSフォンSH−01G (足の写真)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです!!
でもブログはのぞいてたんですよ。うちのコメレスにも書きましたが(笑)
震災後、更新が止まっていたから何かあったのかなぁ…とずっと思ってました。
私から見ると九州と電車と言えばSONICさんだし。
でもまさか違うことで怪我をしていたなんて思ってもいませんでしたが。
でも確かにその状態で地震が起こっても大変ですよね。
普通通りに逃げることも出来ない。
ずっと見ていましたが、昨日くらいから地震の回数は随分減ってきましたね。
けど、いきなりまたドンと来るんじゃないかと怖いですよね。
私も阪神大震災の時、そうでした。
身体がずっと揺れてる感覚だったし、揺れのようなものを感じるたび、動悸が激しくなって。
しばらく寝られませんでしたよ。

うちの旦那は前にも言ってましたが、熊本にしばらく住んでいたので、やっぱりショックのようです。
行っていた会社は西原村で、寝泊まりしていたのが大津だったので見慣れた風景があんなことに…と言ってました。
まだしばらく油断は出来ないと思いますが、SONICさんの足とともに良好に向かうよう影ながら祈ってますね。

私のことはまた追々。
小雨
2016/04/26 10:15
今回の地震は、震源地から離れてる福岡でも、恐怖でした。
家が軋む、震度1も1日に何度もきてました。
こんな、経験も初めてでした。
熊本の人たちが、家で眠れないというのも、うなづけました。

一番被害が大きく、マスコミにとりあげられている、益城町は幼少の頃住んでいた、熊本市東区の隣町で、とても身近な町でした。
今は住宅地で、ほぼ熊本市内の感覚です。

南阿蘇村、西原村もいつも登山に行くところなので、とても心配です。
大津町も登山に行く時、車で必ず通るところなので、登山もしばらくおあずけ、と言うか、とてもそんな気にはなれないです。
小雨さんのご主人も、熊本に縁があって、心配だったでしょうね〜。

左足ふくらはぎの肉離れをおこしてしまい、人を助けるどころか、助けが必要な立場になり、情けない限りです。
靭帯切断のときほど、深刻な負傷ではないので、日常生活は送れてはいるんですが、今無理をすると、頻発のおそれがあるそうなので、今はおとなしくしています。
下半身運動は、無理なので、今は上半身を鍛えていきたいと思います。
そう、小雨さんも無理しないで、生活してください。
メンタルは強そうなので、心配していません(笑)!
SONIC800
2016/04/27 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成28年熊本地震について しゃしんとスクーター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる